来店
予告
 

Vol.11 ぼくの勝負パンツ

ハプニングバーでもてるためには清潔感が大事になります

パンツもその一つ。ゴムがのびのびのパンツではいくらイケメンでももてません

 

本サイトのブログコーナー『まつのつぶやき』で、まつさんはこんな啓蒙とともに、百花繚乱のお洒落な男性用パンツをご紹介してくださっています。

まったくもってそのとおり! ですから、ハプバー通いにかぎらず、万が一にも女性の眼前で洋服を脱ぎ、パンイチ姿を披露する機会があり得なくもない日には清潔感のある、できれば視覚的にもハイセンスかつキャッチーなパンツを装着しておくのは、もはや相手に対するエチケットの一環とも言えましょう。

 

もちろん、ぼくも「もしかすると、今日はイイことあるかも…」みたいな日にそなえた“とっておき”の、いわゆる「勝負パンツ」を一枚や二枚は持っています。ただ、あまりに奇を衒(てら)ったデザインのものではなく、

 

(1)おしっこの黄シミがわかりにくい濃い系のカラーが基調

(2)無地ではなく、おしっこ他の液体による先端部の湿りが目立たない柄物

(3)具象的すぎる(=遊び心が激しすぎる)モチーフは避ける

 

…といった、なんとなくの基準をもってチョイスを心がけております。

 

(1)は、地味で貧乏臭くならないよう鮮やかな赤とかが差し色に加えられていたり…。

あと(3)は、子どもっぽい、分不相応な若づくりの印象を女性に与えないための配慮です。さすがにもうぼくもいいおっさんなので(苦笑)。

 

…と、以上を踏まえたうえで、現状持っている“Myパンツ”のなかで「一番のお気に入りは?」って話になると…ずばりコレ!

「ド定番」とも言える“花柄”ではありますが、黒を基調としながら彩度の高い差し色のアダルトなモチーフが咲き乱れて…。さらに写真ではわかりづらいかもしれませんが、股間あたりに謎のポケットも付いていおり…一体、どう使うんでしょうかね(笑)?

さっぱりわかりませんが、女性にはわりと好評だったりして、ピロートークにもそれなりのターボがかかったりもするものです。

 

そして、さっきぼくは「具象的すぎるモチーフは避ける」と申したばかりではありますけど、このイエス・キリスト(らしき人物)がプリントされた↓も大のお気に入り!

宗教的なバックボーンは正直ゼロですが、なにか慈悲深いことをいつも考えていそうな、人間としての奥深さをアピールできるはずです。できないか…(笑)?