Vol.43 マスクが「モテ」を左右する時代?(前編) – ハプバー(ハプニングバー)  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.43 マスクが「モテ」を左右する時代?(前編)

とある恋愛系情報サイトが「デート中の女子のマスク」について男子から意見を聞く…みたいな主旨の記事を配信しておりました。

 

とりあえずは、そこにあった声のいくつかをピックアップしてみましょう。

 

「柄物のマスクは好きじゃない。服とコーディネートしててもおしゃれだとは思わない。彼女の顔じゃなく、マスクにばかり目が行ってしまうし、かわいさとおしゃれはそういうことじゃない気がする」

 

「不織布マスクでいいじゃん」

 

「シンプルが一番!」

 

「黒いウレタンマスクって、男がしてるイメージだし、なんか強そうに見えてあんまり好きじゃないです。勝手なイメージだけどギャルっぽくてきついイメージも…」

 

「マスクで隠れてる部分はメイクなしでもいいと思うけど、マスクを外すと顔色が悪く見える子のたまにいる。マスクを外しても、ギャップがない感じにしてくれるとデートのときは安心かも」

 

「外したマスクをその辺に置いたり、ポケットにしまっちゃう人が気になります。マスクコードを使ったり、専用ケースに入れるなど、マスクを清潔にキープする習慣のある子っていいよね」

 

正直なところ、どれも新型コロナショックの影響で、たとえば電車の一車両内にいる99%以上の人がマスクを着用しているのが(日本の)常態となった去年の初旬あたりから…少なくともぼくは、デートであろうが仕事の打ち合わせであろうが、対面する女性のマスクがどんな類(たぐい)であっても、それが記憶に残ることは、ほとんどありません。

 

もはやマスクは「鼻と口」の代わりとなる「身体の一部」に近いビジュアルとして脳に刷り込まれているがゆえ、それが黒かろうが薔薇の花で彩られていようが、よほどの奇抜さに抜きん出ていないかぎり、「その子がどんなマスクをしていたか」は、別れてたった数秒で忘れてしまいます。

 

でも、たしかにこう指摘されたら、どれも“正解”な気もするし、どれも“深読みしすぎ”な気も…。ちなみに、ぼくは「チョイスするマスクのセンス」で、その人に対する評価が上がったり下がったりすることは(現時点では)ほぼないのだけれど、ここで注目したいのは、

 

「マスク」が当たり前のようにテーマとして成立する、こうした恋愛系のノウハウ記事が、ちまたに違和感なく出回りつつある

 

…という事実であります。

 

これから(しばらく)は、まさに”ハプバー”からも独自的な「モテるマスク」「モテないマスク」といった“モテマニュアル”が生まれるのかもしれませんね?

 

(※後編へ続く)