来店
予告
 

Vol.71 前戯について(前編)

今回は、ちょっと長めのコラムを書いてみようかと思います。

 

テーマはズバリ!「前戯」です。

 

“ハプバー”においても「やる」「やらない」──「やる」ならば「たっぷり濃厚に」「儀式としておざなりに」…と、いくつもの選択肢こそあれ、いずれにせよ避けて通ることは絶対にできない“大きな関門”であることに間違いはありません。

 

じつは5年ほど前、自身のFacebookやTwitterを駆使して若い世代(20〜30代)の男子100人弱を対象に、

 

・キス

・フェ◯チオ

・クン◯リングス

・フィンガーピストン(=手◯ン)

・アダルトグッズ

 

…のなかから、「絶対に外せない前戯を一つだけ選びなさい」というアンケート調査を敢行したことがあるんですよ。ちなみに、ワタクシ事で恐縮ではありますけど、ぼくの順位は以下のとおり!

 

1位:キス

2位:クン◯リングス

3位:フェ◯チオ

3位:フィンガーピストン

5位:アダルトグッズ

 

どんなに見た目がエロい子でも、ぼくはキスを省かれたり社交辞令的に流されたりしたら、タチマチ勃ちが悪くなります。あと、ぼくはフェ◯チオをわりと軽視する傾向が強く、重要度では手◯ンと同程度。もしここに「乳首舐め」という項目があれば、フェ◯を抜いて2位のク◯ニと同率くらいにまでランクアップすることでしょう。

 

そんなぼくの性的嗜好がノーマルなのかアブノーマルなのかはよくわかりませんが、他の若い男子たちの統計結果は、以下のとおりでありました。

 

1位:キス 30%

2位:フェ◯チオ 24%

3位:フィンガーピストン 20%

4位:アダルトグッズ 18%

5位:クン◯リングス 8%

 

さて。この順位と数字を見て、皆さまはどうお感じになったことでしょう? 違和感はないですか? ぼくは正直なところ、いくつもの違和感がありました。とりあえずは、その「いくつも」を、次回はひとつ一つ検証してみます。

 

(※つづく)