来店
予告
 

Vol.93 最終兵器の加齢ネタ?

還暦間際のぼくをはじめとする中高年のおじ(い)さんたちが、女性とコミュニケイトする際、もっともテッパンとされる最終兵器といえば、やはり

 

「加齢に関する自虐ネタ」

 

…でしょう。「加齢ネタ」には、パッと思いつくだけでも以下のような利点があります。

 

・ただ単に自分が日常で体感している“衰え”をつらつら並べるだけなので、頭をひねる必要がない

 

・デートやセックスでの肉体的な“不都合”を前もって言い訳できる

 

・逆に“可愛さ”をアピールすることができる可能性もなくはない?

 

よくある「加齢ネタ」の具体例を「破壊力」にミシュランを付けて、ザッと挙げてみれば…まあ、こんな感じでしょうか?

 

・最近、頻尿気味でで夜中に3回はトイレに行っちゃうんだよ【破壊力:☆☆

 

・最近、朝5時には必ず目が覚めるんだよ【破壊力:

 

・目覚ましが鳴る前に起きて止めちゃうのよ【破壊力:

 

・テッペン超えたら眠くなっちゃうんだよ【破壊力:

 

・最近、ドライヤーしても髪の毛が寝たままで…【破壊力:

 

・最近、耳からヘンな毛が生えてきちゃって…【破壊力:☆☆

 

・最近、股関節が痛くて…【破壊力:☆☆

 

・頻尿で夜中3回は必ずトイレに行くんだよ【破壊力:☆☆

 

・最近、老眼で(外野)フライが見えないんだよ【破壊力:☆☆☆

 

・最近、立ちっぱなしがつらいのよ

【破壊力:

 

・最近、勃ちっぱなしがつらいのよ

【破壊力:☆☆☆☆

 

・毎晩、リアップしてるのよ

【破壊力:☆☆

 

・じつは入れ歯なんだよ

【破壊力:☆☆☆☆☆

 

以上、もちろんのこと「破壊力」の☆は多ければ多いほど、相手に与えるインパクトも強くなりますが、同時にせっかく温めてきた関係性を一気に台無しにしてしまう危険性も高くなるのは申すまでもありません。だから、調子に乗って“持ち札”をすべてさらけ出してしまうのはやめましょう。

 

ちなみに、↑のなかには、ぼくにもガッツリ当てはまる、わりと破壊力高めな項目がいくつかありますが、それは内緒です(笑)。