Vol.96 やたらにリアルな「男の嘘の見抜き方」5選 – ハプニングバー  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.96 やたらにリアルな「男の嘘の見抜き方」5選

とる恋愛系情報サイトが『彼氏の嘘を見抜く!「嘘をついている時」に男性が取る5つの言動』なるタイトルの記事を配信しておりました。

 

どうせ「早口になる」だとか「視線が定まらなくなる」だとか…程度のおざなりな5つが羅列されているだけだろ…と、高を括ってクリックしてみたら…そんなぼくの楽観的な予想をはるかに裏切り、コイツがとんでもなく完成度の高い、すべてが「言い得て妙!」なシロモノだったので、仰天してしまいました。そして、同時に

 

「こんなリアルなアドバイス…

女子にしないでよ〜(T . T)!」

 

…と、つい同記事の筆者を逆恨みしたくもなりました。とりあえずは、自分の首を締める覚悟でその「5つ」ってヤツを、以下に紹介しておきましょう。

 

(1)いつもより話が長くなる

 

【理由】嘘をつく男性は、目の前の人をどうにか自分の嘘で丸め込もうとするため、話が長くなる傾向がある。

 

(2)いつもより細かい内容を語り始める

 

【理由】嘘を信じ込ませたい、バレると怖いという気持ちが働くため、細かい情報を会話中に詰め込もうとする。

 

(3)前置きが長くなる

 

【理由】嘘をつく時は頭をフル回転させて架空の話をつくり上げるものだが、人間の脳の処理能力は機械のように速くはないので、前置きの時間中に頭を整理しようとする。

 

(4)ポジティブな発言が増える

 

【理由】自分の嘘を見抜かれないよう、ハイテンションで乗り切ろうとする。

 

(5)黙り込む、寡黙になる

 

【理由】嘘の話から逃げたい、その話題に触れることを避けたいという心理。

 

どうです男性読者諸君!? むっちゃ思い当たる点…ありません? ありますよね? ぼくなんかはもう

「思い当たる点ありまくり!」だったりします。

 

たとえば、カノジョからいきなり

 

「この前の出張、なんで日帰りじゃなかったの?」

 

…と問い詰められた際、その「出張」が本当は「浮気相手との温泉旅行」だったとき、ぼくだったらこんな風な嘘をつく…ような気がしてなりません。

 

「いや〜、正直に話すとじつはさ(※←長い前置きで脳内整理中)…日帰りしようと思えばできたんだけどさ、クライアントの◯◯サンが『このコロナ禍のご時世にもにもかかわらず、こっそり夜の11時まで営業していて、しかも閉店までお酒もとことん出してくれる美味しい寿司割烹がありましてね…そこで皆さんをおもてなししたくて…。でも、あくまで“こっそり”なんで、写メとかは絶対撮らないでくださいね』って言われちゃったから断れなくてさ…。(※←いつもより細かい情報がてんこ盛り)そこで『オレのカノジョです』ってスマホの壁紙みせたら、『すごい美人さんですね〜』って、みんなに大絶賛されちゃって、超うれしかったよ〜!(※←ハイテンションな誤魔化し)あ、ボク今日はずっと取材で疲れちゃったから、もう寝るね〜(※←これ以上、この話題には触れたくないための逃げ)(※←総じて話が長くなる)

 

どうです? 親愛なる男性読者諸君も似たような嘘…ついちゃうんじゃないですか? あと、↑の壮大なスケール(笑)の嘘(=言い訳)には、もう一つ…前出の記事が列挙した「5つ」にはなかった“テクニック”が、さりげなく盛り込まれています。やはり自分の首を締める覚悟で“告白”しときますね。

 

そう!「『すごい美人さんですね〜』って、みんなに大絶賛されちゃって、超うれしかったよ〜!」と、相手を褒めちぎることによって、

話題のすり替えを目論んでおるのです。

 

いずれにしろ、あまりに本質を突きすぎた女性向けの恋愛マニュアルは、男性からすると、できれば公にしてもらいたくないもの…ではありますけど、いっぽうで“ハプバー”常連の女性の皆さまにとっては、なかなか使える実戦的なマニュアルだったりもしますので、今日ここ『アグリーアブル』で初めて出会った口八丁手八丁な男性にダマされないよう(笑)、ぜひ参考にしないで…いや、してみて

ください(^^;;