Vol.101 こそクン!? – ハプニングバー  agreeable アグリーアブル

来店
予告
 

Vol.101 こそクン!?

皆さんは「こそクン」という言葉をご存じでしょうか?

 

「こそクン」とは「こっそりク◯ニリングス」

…のことではなく、

「こっそりクンクンする」の略で、

 

「人前でバレないように、こっそりと自分の汗のニオイを(おもに脇の下で)チェックする仕草やアクション」

 

…のこと。たしかに、いくら“事前”にシャワーを浴びるのが基本的なマナーとはいえ、“ハプバー”じゃとくに気になりますよね…自分の汗の匂いって。もちろん、“ハプバー”にかぎらず女性と会っているときは、ぼくもたま〜にヤッちゃってます(笑)。

 

そして、この「こそクン」率は女性もあいだでもかなり高いらしく、某化粧品会社のアンケート調査によると、

じつに女性の3人に一人以上が「人と一緒にいるときに自分の汗のニオイをチェック」しており、

そのうち8割以上が「こっそりとチェック=こそクン」していると回答した…とのデータもあるそうです。

 

では、そんな“経験者”の皆さまは一体どんなテクニックを駆使して、「こそクン」をこなしているのでしょう?

 

まず、初級者編としては、次のようなワザが挙げられます。

 

・腕時計を見るフリをして

・デーブルで肘まくらをしながら

・手を上げるそぶりでさっと

・首のストレッチに見せかけて頭を下げたときに確認

・脇をサラッと触ったあとにこっそり鼻に手を持っていく

 

あと、次のような「初心者編」よりは少々ハイブローな中上級者向けのワザもあります。

 

(1)汗をかきやすいスポット(=“ハブバー”では「ハプニングルーム」)へと積極的に移動する「森で木を隠す(?)作戦」

 

(2)「早くシャワー浴びてイチャイチャしたいなあ」と、とにかく汗を流せるスポットへと彼を導く「まったりしたいフリ作戦」


(3)必要以上にイチャイチャと接触して、汗のニオイが気になる部位を彼になすりつけ、その部分を“彼のニオイチェック”と称し、自分のニオイをチェックする「ピンポンクンクン作戦」

 

(4)いきなりマエケン体操(=メジャー投手・前田健太が十八番とする腕をグルグル回すストレッチ)を始め、彼があっけにとられている間にワキ臭をチェックする「マエケン体操はエッチの準備運動にも効くのよ作戦」

 

(5)「今日寝坊しちゃったんだけど、約束の時間に間に合わないからシャワーするヒマも朝スプレーするヒマもなかったの…ニオう?」とみずからのカラダを彼の鼻先へと寄せていく「開き直り作戦」

 

さて、チョットは参考にしていただけそうでしょうか?  個人的に言わせてもらえば、(5)のように「開き直って」くれたほうが、その無防備さが可愛く感じたりもするし、ほのかな(※「たっぷりな」は×)汗の香りが「性のスパイス」として機能し、よりいっそう欲情度も増す気がするのですが…(笑)?