Vol.113 ハプバーでも見かける? 自称「サバサバ女子」 – ハプニングバー  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.113 ハプバーでも見かける? 自称「サバサバ女子」

「サバサバ女子」なる言葉が、にわかちまたで流行りつつあるようです。

 

では、「サバサバ女子」とは

一体どんな女子のことを言うのでしょう?

 

とある老舗系女性ファッション誌が運営するネットメディアには、

 

「物事に必要以上に執着せず、

さっぱりした性格の女性のこと」

 

…とありました。さらに“注意事項”として、

 

「『無関心』や『冷たい』

いうこととは違います」

 

…とも追記されています。ちなみに、「サバサバ」のおそらく語源であろう「さばけている」の“類語”を調べてみると、前出の「さっぱりした」以外に「あっさりした」「さらりとした」「淡々とした」「ひょうひょうとした」「からっとした」「飾り気のない」…などのワードが並んでおりました。

 

どれもイマイチ具象性に欠ける、ふわっとした形容ばかりであり、ならば注目すべきなのは、やはり

「物事に必要以上に執着せず」といったくだりになってくるわけですが、ならば「物事に必要以上に執着しない女性」とは、一体どういう女性のことを言うのでしょう?

 

とりあえず、やり込めばやり込むほど自分への執着が肥大していく「SNS」は「サバ女」には似合わない気がぼくはします。すなわち、誰もが気軽に「自分」を世界に向けて発信できるこのインターネット社会において「サバサバした人」は

「存続するのが困難」となりつつあるのかもしれません。

 

そもそも、自分のことを「サバサバした性格」と疑いもなく“診断”できる人ってえのは、裏を返せば、相当に「自分への執着=自己愛」が強い「ナルシスト」であって、

「理想の私=サバサバ女子」を懸命に演じる際、前出の某老舗系女性誌が「間違い」と指摘する「無関心」「冷たさや」を、つい日々の演技へと取り入れてしまいがち…。

 

“ハプバー”でも、そーいう感じのヒトって、たま〜にいませんか? いますよね(笑)? 「真性」のサバ女なら、夢のような一夜を共にすごせそうですが、「自称」は我々男子とっても、じつにやっかい…な気がします。

 

「アタシってえ、NGなヒトもプレイも一切ない子だから!」

「フィーリングさえビビッときたら、もうアッという間だし!」

「でも、今日はチョット体調が悪くて…」

 

…みたいな(笑)?

 

そんなにも自分に無理を強いるなら、いっそぼくのように

 

「自分はけっこう根に持つ、

粘着質なネチネチ男子です、

ちなみに前戯もネチネチしています」

 

…とでも公言しておいたほうが楽チンだと思うのですが…いかがでしょう?