Vol.119 「おじさんLINE」は100%誤りではない! – ハプバー(ハプニングバー)  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.119 「おじさんLINE」は100%誤りではない!

前提として「男女の連絡先の交換は禁止」とされている、ここ“ハプバー”のホームページで「LINEマニュアル」めいた内容のコラムをアップしても、あまり意味はないのかもしれませんが、まあ今回は

「世代間のギャップ論」として…あと、仕事やプライベートでLINEのやりとりをする際の参考程度に…と、軽く読み流してもらえれば幸いでありますm(__)m

 

なにかの情報バラエティ番組で

 

「若者がウザいと思うおじさんLINE文面」

 

……みたいな主旨の特集が組まれていました。

 

10〜20代の女子たちからリサーチした「お父さん・お母さん世代にありがちな、時代遅れとされるLINEのやりとり」の実例のいくつかを紹介し、それらを見て中高年のコメンテーターらが

「あ、オレやってる!」

「アタシにもおぼえがある…」…などと、自虐的なリアクションとともに苦笑いをこぼし、その様子を見てMCや若手のコメンテーターが嘲笑混じりのツッコミを入れ、場を収めていく…といった流れの、“実例”から番組構成まで…すでに何度も目にしたおぼえがある、じつにありがちな体裁です。

 

で、この「ありがちな体裁」は、原則として

 

「おじさんLINE=誤」

「若者LINE=正」

 

…といった関係性で成立しているわけですが、「何度も目にして」いるうちに、来年還暦を迎える初老男子のぼくとしては、そんな“勧善懲悪”の結論に対して、ちょっとした疑問が頭をもたげはじめてもいます。

 

「はたして、おじさんLINEは

すべてが“悪”なのか? 

稀には“善”なケースも

なくはないのではないか!?」

 

…と。たとえば、女子高生の意見を参考にしてラインナップした「おじさんLINEの特徴」ってヤツを、箇条書きにしたものがあるのですが、とりあえずは、その13項目をご覧になってみてください。

 

(1)やたら句読点が多い

(2)顔文字・絵文字を乱用

(3)スタンプも多用

(4)若い女子を「〜ちゃん」付けで呼ぶ

(5)語尾が「〜かい?」「〜かな?」で

         終わりがち

      (=なぜかお伺 いを立てる系)

(6)文章が総じて長い

(7)自分のことを「おじさん」と呼ぶ

(8)相手の私生活を探るような質問が

         さり気なくまぶされている

(9)すぐ「ディナー」に誘う

(10)ときにストレートすぎる告白

(11)妙にカタカナを使い分ける

(12)「?」「!」マークが赤色

(13)若者のトレンドに中途半端に迎合

 

さて。いかがでしょう? 

 

あきらかに「×」なものも、そりゃあたくさんありますよ。(5)の「なぜかお伺いを立てる系」だとか、(7)の「自分のことをおじさんと呼ぶ」だとか、(9)の「すぐディナーに誘う」だとか…。

 

(4)の「(若い)女子を〜ちゃん付けする」や、(8)の「私生活を探る質問の挿入」や(10)の「ストレートすぎる告白」も「キモい!」と言われたらやや気持ち悪いし、

(2)の「顔文字・絵文字の多用」や、(6)の「文章が長い」も、ライブチャット的な要素の強いLINEにおいては、たしかに微妙だったりします。

 

しかし!(3)の「スタンプ」なんかは「多用」さえしなければ、やりとりにピリオドをつける役割としては今でも十分に有効だし、(1)の「句読点が多い」と、

(12)の「?・!マークが赤色」(=ラインの文面がカラフル)は、「文章の読みやすさ」という見地からすると、文字を打つ際の多少の手間さえ惜しまなければ、

 

「コッチのほうがええんとちゃうのん!」

 

……と、つい声を大にして主張したくなるのです。

 

とどのつまり、一番ダメなのは(13)の「若者のトレンドに中途半端に迎合する」こと。

「(我々)中高年世代のほうが正しい」場合だって絶対にあるはず…。そして、そう最終ジャッジをくだしたなら、堂々とそれを貫きとおせばいいのではないでしょうか?