Vol.140 ハプバーとブロックサイン – ハプバー(ハプニングバー)  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.140 ハプバーとブロックサイン

合コンはある意味「団体戦」なので

出陣前の作戦会議は重要です!

 

…と、仰々しい文言のリード文で始まる合コンネタを、とある恋愛系のネットメディアが配信しておりました。

本文を読めば読むほど、まさに「団体戦」と呼ぶにふさわしい綿密な「作戦会議」が女子のあいだでは「出陣前」に行われているのか…と、空恐ろしくなってしまいました。そして、「団体戦と呼ぶにふさわしい」のは、友人と一緒にここ“ハプバー”へと足を運ぶケースも、まったくもって同様です。とりあえずは、その記事にあった

「作戦会議」の8パターンを紹介しておきましょう。

 

(1)   話していいこととダメなことを

すり合わせる

 

(2)   お互いの今日のスタンスを

明確にする

 

(3)   好みの相手を仕草で知らせる

練習をする

 

(4)   場を盛り上げるための

役割分担をする

 

(5)   助けがほしい場合のSOSサインを

決める

 

(6)   中間作戦会議を開く場合の

トイレタイムを設定する

 

(7)   相手が意にそぐわなかった場合の

自然な切り上げ方を考える

 

(8)   服がかぶらないよう当日までに

コーデを確認する

 

(1)(2)くらいは、男子だってするかもしれません。でも、(8)はさすが「女子ならでは」って感じ? そもそも男子は会社帰りにスーツで“ハプバー”入りするケースも多々あるゆえ、

「今日はオレ、グレーのスーツだからオマエは紺ね」なんて事前打ち合わせは普通、やらない…ハズ。それ以外は、なんとなくの

阿吽の呼吸で? まあ、そんな曖昧な感覚に依存しているから、時に男子チームは目標達成までの進行をぐだぐだにしてしまいがち…だったりします。

 

しかし、我々のような(草)野球人が合コンや“ハプバー”に凸撃する際は、男子同士の「自分がお気に入りの女子」だとか「SOS」だとかの意思疎通を(女子にわからないように)計るため、「仕草」どころか「ブロックサイン」をあらかじめ決めておくのが通常です。

 

たとえば、相手女子が3人だとして、鼻を触れば「(向かって)右側の女子」、ベルトのバックルを触れば「中央の女子」、左肩を触れば「(向かって)左側の女子」、胸を横になぞれば「今日は気に入った子はいません」、あと口を塞げば「SOS」で、すべてキーは「左手首」。キーを触った直後のサインのみが“イキ”になるわけで、それ以外はどれも空サイン──つまり、鼻を触って、左肩を触って、左手首を触って、胸を横になぞってから、また左手首を触って、ベルトのバックルを触れば、

 
「今日はあんまし

気に入った子はいないけど、

あえて言うなら

中央の子かなぁ…?」

 
…ってことになるわけです。コレ、もしよければゼヒ一度試してみてください。むっちゃ楽しいですから! ただ、このブロックサイン作戦…以下のような弱点もなくはありません。

 

・楽しすぎて、つい多用してしまいがちなので、女子からすれば挙動不審な男子(たち)に見えてしまう

 

・四方からサインが飛び交うため、

見逃しが多い

 

・お目当ての女子との会話に執心している

場合は、やはりサインを見逃しがち

 

・サインが複雑なため、

口説きに集中できない

 

・「女子をゲットすること」ではなく「サインが通ること」が第一となり、本来の目的を見失ってしまう

 

「策士策に溺れる」という古(いにしえ)の格言を、野球を愛する“ハプバー”マニアすべてと自分自身に贈りたい──やっぱ、“ハプバー”は出たとこ勝負が一番…ってことなんでしょうか(笑)?