Vol.144 「種存本能」という便利な言葉(前編) – ハプニングバー  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.144 「種存本能」という便利な言葉(前編)

皆さまは「種存本能」という言葉をご存知でしょうか?

 

『goo辞書』には、

 

種存本能=種族保存本能。

生物が自己の種族を存続させようとする

行動または原動力となるもの

 

…とありました。身近な例では

 

「男性(=オス)は徹夜明けなどで生命力が弱っているとき、種を存続させる(本能の)ためにペニスが勃起する(=疲れマラ)。対して女性(=メス)は種を存続させるために万全の体調で男性(オス)を受け入れたい(という本能)から徹夜明けなどで生命力が弱っているときは、性欲も比例して減退する」

 

…みたいな感じのやつです。

 

そして、まもなく還暦を迎えるぼくは、50歳を越えたあたりから

めっきりモテなくなりました。40歳を超えたあたりでも「30代と比べたら…」といった一種の喪失感を抱きはした──けれど、そのギャップの開きは40歳のときとは雲泥の差で大きいように思います。

 

とにかく「セックスまで持ち込める確率」がぐんと減ってしまったんですよ〜!

 

最近は、お酒を飲めば午前0時を過ぎると途端に眠くなって、

「エッチより睡眠」の意識が勝り、「口説く」という行為を途中放棄せざるを得なくなることも、しばしあります。

体力と根気が衰えてきたんでしょうね。でも、筋肉は野球やテニスでそこそこ鍛えているし、髪の毛も一応まだ残ってるし、多少酔ってもまだまだビンビンだし…。つまり、加齢による見た目や下半身機能低下のコンプレックスが、“攻めの姿勢”にブレーキをかけることも、現時点ではほとんどないわけです。なのに、どうして……?

 

やはり、「種存本能」の一環として、

 

メスは若いオスからタネを

植えられたい性質がある

 

──そういったようなことなのかしら…?

 

…なんてことを、友人の脳神経外科医と話していると、

 

「人間も動物なわけですし、また、我々動物が生きていくためには、種の保存が第一目的となるため、生殖能力が大きなポイントとなるのは間違いない。

だけど、ここまで複雑に進化した人類を、なんでもかんでも『種存本能』の一言で片づけるのはズルイですよ」

 

…と、軽く叱咤されてしまいました。一体、これはどういった理屈からなる提言なのでしょうか? 

 

たしかに「種存本能」とは、自分に起きた(おもに性的な)フィジカル現象の大半と非モテとの紐付けを自己納得させるのに、とても

便利なワードではあります。ただ、便利すぎるがゆえ、我々は“それ”に甘えすぎてしまっているのかも…??? そういったことを「後編」では、より詳しく述べてみることにしましょう。

 

(※次回に続く)