Vol.172 「未読スルー」について – ハプニングバー  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.172 「未読スルー」について

“いつも”のようにここ『アグリーアブル』へとアップするコラムのネタを探すため、恋愛系の記事を中心にネットサーフィン(※←半死語?)していたら…とある女性向けのファッション系ネットメディアが配信する

 

『【未読スルー】実は読まれている

のに返信されないワケって?』

 

…なるタイトルの、原則として男女の連絡先交換が禁止されているここ“ハプバー”ではあまり関係なさそうな記事が、ふと目に留まりました。

 

いかにもありがちなLINEモノかぁ…と高を括って、最初は本文も読まずにスクロールを決め込もうとしたものの、従来の“ソレ”と比べてみれば…なんとなくの違和感がある。

 

ああ、なるほど! 「既読スルー」じゃなくて「未読スルー」ってとこがなんとなくぼくとしては引っ掛かってるんですな…ってことで、ついクリックしてみると???

 

「男性とLINEをしていて『あれ? 未読スルーされてる』とショックを受けた経験はあるますか? 今回は未読スルーだけど実は読んでいるメッセージを、男性が返信しないワケについてお話しします」

 

…との冒頭文からはじまり、その「理由」が3つほど記されておりました。どうやら、

 

考えられる理由1:単に返信し忘れている

 

考えられる理由2:(相手から何件もLINEが送られてくるから)ちょっと休憩してから返信しようとしている

 

考えられる理由3:通知で内容を確認して返信内容を考えている

 

…ってことらしい。

 

正直、ずいぶんポジティブっていうか、(受け手側の立場としては)やや無邪気すぎる性善説的な発想だと思いました。

 

これが仮に「既読スルー」ならば、こーいうケースだってそれなりの高確率でなくもないでしょう。一度、「未読スルー」をしょっちゅうやらかすぼくの知人女子が、

 

「いったん“既読”してしまったら、早く返信しなきゃ…ってプレッシャーがかかるから、とりあえずは(ポップアップ機能で)流し見して、あとからゆっくり返信しようか、と…」

 

…みたいな、つまり前出の「考えられる理由3」を詳細にした言い訳めいた話をしてくれたことがありますが、結局のところ、その子に送信したLINEは2〜3日後にひっそりと“既読”になるだけで、そのまま

スルーされるケースが大半です(笑)。

 

「温めすぎて、つい返信

するのも忘れてしまった」

 

…わけですな。

 

たとえば、ぼくなんかはLINEだけじゃなくどんなアプリでもアイコンの右上に白抜き数字入りの赤い丸印があったり、LINEだとトークルームの右横に白抜き数字入りの緑の丸印(や楕円印)が付いていたりすると、とにかく“既読”して片っ端から消していきたいタチのせっかちな人間なので、少なくともぼくにかぎって申せば「既読スルー」はあっても「未読スルー」は絶対にあり得ません。

 

もちろん、ぼくがそんな“タチ”だからと言って、他の人たちすべてがそうだとはかぎらない…とも十分に承知しています。

 

ただ、「未読スルーされる側」の人間は「未読スルーする側」の人間にとって(公私を問わず)やはり優先順位は低い可能性が高い…と冷静にジャッジしたほうが、一般論においては正解なのではないでしょうか?