来店
予告
 

Vol.182 不倫の見分け方?

とある恋愛系のネットメディアが

 

『身近にいるかも…!?

不倫カップルの

特徴と見分け方』

 

…なるタイトルの記事を配信しておりました。とりあえずは、その「特徴」「見分け方」ってヤツを以下に紹介しておきましょう。

 

【特徴】

・人目に付く場所でイチャイチャしている(不倫カップルは普段なかなか思うように会えないから、知り合いと出くわさない場所だと、よりイチャイチャしたくなる)

 

(逆に知り合いと出くわしそうな場所だと)必要以上に

コソコソとしている

 

・年齢差がある(とくに多いのは男性が40〜50代、女性が20代くらいのケース)

 

・一緒にいるのに間隔を空けて歩く

 

<社内編>

・同じ日に有給をとる

 

・一部の人しか知り得ない社内情報を

知っている

 

・一緒に外出することが多い

 

【見分け方】

・片方だけが結婚指輪をしている(カップルのどちらも指輪をつけているが、デザインが異なる場合はダブル不倫カップルの可能性大)

 

・服装の差がある(一番多いのは男性がスーツで女性がデート服といった組み合わせ)

 

なかなかに…どころか相当に良くできた

「見分け方マニュアル」だと思いました。

 

「不倫カップルは関係自体に後ろめたさがあるので、どうしても行動や雰囲気が普通のカップルとは異なります。いくら警戒していても不倫カップルだとバレバレなケースも多いので、今回の特徴に当てはまる二人がいれば、かなりの確率で不倫カップルではないでしょうか」

 

…と、本記事の筆者さんは原稿を〆ていますが、たしかに「言われてみれば…」的な気づきを促す、クオリティの高い

「あるあるネタ」ばかりであり、不倫カップルがこうした行動へと到る根拠、心理作用もじつに的確で、どれもこれもがすとんと腑に落ちる…。この一連の“教え”を土台とすれば、訓練次第で

「不倫ジャッジのマエストロ」への道も近い将来、開けてくるに違いありません。

 

しかし、ここで! ある一つの根源的な「?」が、ぼくの脳裏をよぎりました。

 

「そんなもん見抜いてどないすんねん!」

 

…といった素朴な疑問であります。はたして、この優れたマニュアルは誰に向けて啓蒙しているのか? 

 

「今回の特徴に当てはまる二人がいれば、かなりの確率で不倫カップルではないでしょうか」…って(笑)。仮に、たとえばここ“ハプバー”にカップルで来ている男女が不倫の間柄で、万一それをめざとくジャッジできたからといって、それをどう役立たせればいいのか? 

 

その彼と彼女に

 

「バレバレなんで

気をつけたほうがいいですよ〜」

 

「やめたほうがいいですよ〜」

 

…とでもアドバイスすればいいのか? 客同士の必要以上の詮索を

野暮とするのが暗黙のルールである“ハプバー”においては、

余計なお世話以外の何者でもありませんよね(笑)。

 

それとも

 

「あなたたち不倫でしょ? 

わかってますよ〜!」

 

…ってことを悟られないよう、より完ペキな

「見て見ぬふり」を決め込めばいいのか? そこまでいらん気を使うくらいなら、むしろ「わからない」ほうがラクなのでは…???

 

唯一、「不倫している当事者が周囲にバレないよう、あらためて自身の振る舞いを洗い直すときの参考にする」のが実用的な使い道として挙げられますが、そのチェックポイントが秀逸であればあるほど、残念なことにその関係は泥沼化へと突き進み、「理想の恋愛」からは遠のいてしまういっぽうなのです。