Vol.193 なんちゃって石原さとみ?(後編) – ハプニングバー  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.193 なんちゃって石原さとみ?(後編)

ここ『アグリーアブル』に足繁く通う男性の皆さまは、

石原さとみさんのことが好きですか? 

 

ハイ! みんな大好きですよね。もちろん、ぼくも大好きです。

 

…ってなわけで、今回は前回のコラムでお約束したとおり、

一部多数の女子たちのあいだでまことしやかに進行しつつあるという

 

「なりきり石原さとみ大作戦」

 

…なる陰謀(?)の、「メイク編」に引き続いての

「仕草編」を、そっとレクチャーしたしましょう。

 

【仕草編】

表情をコロッと変える:喜怒哀楽を素直に顔に出すので、めまぐるしく変わる表情がとても愛らしい。無邪気にクシャクシャな顔で笑ったり、頬を膨らませてスネてみたり…のさまざまなバージョンを備えている、らしい。

 

・素直な気持ちで甘える:甘え上手。男は単純な生き物なので女子にお願いされたり、頼りにされることで萌えを感じるもの。素直に甘えられると「自分に気があるのかも!」とソノ気になる傾向もある、らしい。

 

・リアクションはややオーバーに:オーバーリアクションによって素直さや無邪気さがアピールできる。ドラマでの石原さんは、大げさなくらいに手を振ったり、声を上げて喜んだりする姿がよく見られる、らしい。

 

・ゆったりしたペースを保つ:スピーディーに変わる表情とは裏腹に動作はゆったりしているのが特徴。ペースを落としてゆったり動くことで女性らしさをアピール。ゆっくり唇を動かしながら話す・まばたきのスピードを落とすのも効果的。普段明るい印象の女子が、おっとりとした雰囲気を出すことで、ギャップモテを狙うことができる、らしい。

 

・手指を繊細に操って動かす:女性の美しさや繊細さを表現するパーツとして挙げられるのが手や指先。石原は手を頬に当てたり、別れ際に小さく手を振ったりと、手指を繊細に操るのが得意。指先や手先に神経を集中することで、女っぽく色気のある仕草に仕上がる、らしい。ちなみに、このテクは歌舞伎の女形やニューハーフのあいだでも定番である、らしい。

 

・唇を強調させる:唇は、男性がもっとも性的魅力を感じる部分。石原さんがよくやる唇を尖らせたり噛むようなしぐさは、男子の性的欲求を高める究極のエロ仕草である、らしい。

 

・恥かしがる:恥ずかしそうに照れ笑いをしたり、上目遣いに見つめる仕草は石原さんのテッパン。女子の恥ずかしそうなさまは、そうした男性の征服欲を刺激する、らしい。

 

さてさて! アナタのまわりにだってきっといるに違いない

「なんちゃって石原さとみ」──コレでもう簡単にダマされることもないでしょう…が、

 

あえてダマされてみたい!

 

…という気持ちも正直なくはありません(笑)?