Vol.218 セフレについて – ハプニングバー  agreeable アグリーアブル

来店
予告
 

Vol.218 セフレについて

唐突ではありますけど、たとえば10年前と比べ、

一般的には「セフレ」と呼ばれる関係性にも

微妙な変化が起きているとぼくは考えます。

 

より具体的な心象を述べれば、だんだんと

 

「セフレ」と「異性友だち」

との線引きが曖昧になっている

 

…のではないでしょうか。

 

一昔前の「セフレ」は、

 

「ラブホに入って

すぐセックスして

すぐさよなら」

 

…が基本でしたが、最近はセフレともご飯を食べたり、たまには

旅行に行ったりといったケースも多くなってきている…??? 

 

つまり、

 

「友だち以上恋人未満≧セフレ」

 

…なる定理が成立しつつあるわけです。 では、20代・30代・40代・50代…と、世代ごとのセフレ関係の変化は?

 

ぼくの雑感だと、40代以上の男性は良い意味でも悪い意味でも「セフレ」という関係性をハッキリさせる傾向が強いと思われます。

 

なので、一度一人の女性を「セフレ」と決めたら、

 

「セックス以外のことは絶対にしない」

 

…つまり、ご飯を食べたり旅行に行ったりをご法度とすることによって、相手に

 

「キミとボクはあくまではセフレなんだよ」

 

…と明確にアピールするきらいがあるのです。

 

ところが! 今の30代はそういう明確なアピールを億劫に感じ、またそれ以上に

 

「彼氏・彼女なる存在は

面倒臭いけど

セックスはしたい。

プラス寂しいときは

ご飯くらい一緒に食べたい」

 

…と、そういう関係を好む男女が多くなってきている気がします。

 

さらに、20代(とくに男子)は、

 

「彼女なる存在は面倒臭いけど

セックスも面倒臭い。

でも寂しいときは

ご飯くらい一緒に食べたい…

ときには寝ながら

イチャイチャくらいはしたい」

 

…という添い寝層も現出しはじめてきているのではないでしょうか? 

 

これはもう「セフレ」じゃないですね。いわゆる「ソフレ」

というやつですな。

 

いかがでしょう? 「セフレとの関係性」も時代と共に変化をしている──そして、その変化に柔軟な対応ができる者こそが、

セフレをつくれる人間になれるのです。