Vol.229 ギブ&ギブの精神 – ハプバー(ハプニングバー)  agreeable アグリーアブル

来店
予告
 

Vol.229 ギブ&ギブの精神

たとえば、ここ“ハプバー”でも

 

「どうして自分だけがモテないんだろう」

「なぜフラれてばかりなんだろう」

「年のせいかなぁ」

「顔のせいかなぁ」

「でっぷり突き出した腹のせいかなぁ」

 

…なんて自問自答をしている貴男には、

 

「モテるためには、

モテようとしないこと」

 

…というシンプルな言葉を、ぼくは捧げたい!

 

なぜなら、通常時のデートにおいても、

 

食事をご馳走したから…

プレゼントをあげたから…

仕事を手助けしたから…

 

…と、お金や時間ほかの労力を使った相手に、見返りを期待していることがちらつけばちらつくほど、人は

「モテ」から縁遠くなるから。アッシー君でもメッシー君でも別にかまわないじゃないですか。「ギブアンドテイク」ではなく

 

「ギブ・ギブ・ギブ!」

 

…すなわち

 

「無償の愛」

 

…の精神こそがモテの王道だということです。

 

ぼくの友人である脳神経外科医がこんなことを申しておりました。

 

「モテないおじさんの3要素」

 

…として

 

「くどい」

「目線が定まらない」

「見返りを求めすぎ」

 

…ってのがあるんですが、なかでも一番やっかいなのが3つめの

「見返りを求めすぎ」…なんだと。

 

「若い男子だって恋愛している相手に

それなりの見返りは求めません?」

 

…といった反論もあるかもしれません。ただ、若い男子も「求めて」はいるんだけど、その切迫感に大きな違いがあります。ぼくも含む中高年世代は、恋愛したらどうしても、

 

「このヒトしかいない!」

「この出会いを逃したら、次がない!」

「今回がラストチャンス!」

 

…と、自身を崖っぷちにまで追い込みがちだったりする。年長者が積み重ねてきた経験の多さが、逆に不安を生み、あらゆる

「メンタルブロック」が働いてしまう。

 

「次の試合はない」

 

…と勝手に思い込んじゃう。だから、焦りのあまり性急に見返りを求めるわけです。

 

「もうおじさんだから…」

 

…という、自己へのレッテル張りは絶対に禁物! 10代や20代の子たちは、仮にフラれても

 

「もっとオレに相応しい

素敵なヒトがいるんじゃないか…」

 

「次行こ! 次!!」

 

…と、自然にリセットできる…。そして、こういった若者のポジティブマインドは、何歳になっても素直に見習うべきではないでしょうか。 相手に過度な期待を抱かず、とりあえずは

 

「自分のやれることからきちんとやる」

 

…という姿勢を持てってことですね。それこそがイコール

「見返りを求めない男」への第一歩! 相手の出方ばかりを気にしていても、ストレスが溜まるいっぽうですし…。

 

そもそも、男女の色恋沙汰において(※ここ“ハプバー”も決して例外ではありません)、

 

「相手の気持ちをどうにかしたい」

 

…と望むこと自体が傲慢なんですよ。見方を変えれば

 

「相手に期待しすぎ、依存しすぎ」

 

…なだけで、人のメンタルを操作するのは極論すると「洗脳」と同じですから。まさに「達観の境地」とも言えますが、フラれても逆恨みしちゃ絶対にいけません。

 

「フラれること」がモテないのではなく、

「フラれることを恐れて一歩を踏み出せないこと」が「モテない」

 

…ということ。苦しいし、嫌だし、逃げ出したくなるかもしれませんが、まずは現状を認めること。大切なのはそれをどう捉え、自分を変えることができるかということ。

 

まずは、現状を「メタ認知」(※自身の思考・感情や周囲の状況を客観的に評価し、それをコントロールすること。自分の言動を空の上から神様の目線で見るようなこと)の視点でもって認めてみませんか? さまざまな恋愛テクニックを駆使するのは、そのあと! 

 

 「相手を楽しませる」

 

…というシンプルな気持ちを常に念頭へと置きながら、とりあえずはここ“ハプバー”でも、女性と接してみてください。