Vol.250 わかりやすい「脈あり」サイン – ハプバー(ハプニングバー)  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.250 わかりやすい「脈あり」サイン

とある総合情報サイトが、

 

『気になる男性の

思わせぶりな態度から

「脈あり・脈なし」を

見極める5つの方法』

 

…なるるタイトルの記事を配信しておりました。とりあえず、その「5つの方法」とは以下のような感じでありました。

 

(1)「好きな人いる?」と聞いてくる

(※その直後、「もうすぐ◯◯ちゃんの誕生日だから、好きな人と過ごすのかなと思って…」などと具体的な探りが入れば「脈あり」)

 

(2)「大丈夫?」と気遣ってくれる

(※職場の同僚の場合は「仕事で負担をかけられたくない」というケースもあり得るため、相手との関係性を冷静に見極めることが必要)

 

(3)お金を払ってくれる

 

(4)笑顔でリアクションしてくれる

(※「脈なし」なら、その場を早く切り上げたいだけなので、「そっか」「うんうん」…など、だんだんと相づちが短くなっていく)

 

(5)LINEの返信が早い

(※パッと既読になり、すぐ返信がくる場合、これをきっかけに「会話のキャッチボールがしたい」という「脈あり」サインが見て取れる)

 

う〜ん…どーなんでしょうねぇ??? たとえば、ぼくが自分の

お気にな女子と対峙したならば…そりゃあ、たしかに前出の5つは当たり前のごとく全部ヤッちゃってる…とは思います。ここ“ハプバー”ですら、2〜3つはクリアしているでしょう。

 

ただ、あまりに「基本の基」っていうか、

「はじめの一歩」っていうか…あくまでまだまだ前哨戦…つまり、相手に対する好感度をざっくり「高い/低い」の二つに分割して、一応は「高い」にカテゴライズされている…程度の段階にある女子には、誰だってこれくらいのことはヤッてるんじゃないですかね? これだけで「脈あり」とジャッジしてしまうのは、さすがに早計──いささかファンタジーが過ぎると思うのです。

 

ぼくなら(自分のなかで)「恋愛対象」にまで精選された女子相手だと、もっともっとわかりやすい、

露骨な「脈あり」サインを出しまくります。「手をつなぐ」とか「旅行に誘う」とか「料理自慢とともに自宅に誘う」とか

「土下座して交際を申し込む」とか…(※最後のはもはや「サイン」ではないw)。

 

そもそも、ぼくなんぞの「脈あり」サインを秘やかに待ちながら、夜な夜な切ない想いに胸を焦がしている…みたいな甲斐甲斐しい女子がどこかにいるなんて浮世めいたイメージ自体、さっぱり頭に描くことができません。

 

だから、もし仮に万が一にも、そーいう女子が実在するならば…どうか、もっともっとわかりやすい、

露骨な「脈あり」サインを出しまくってほしい。

「手をつないでくれる」とか「旅行に誘ってくれる」とか「料理自慢とともに自宅に誘ってくれる」とか…?

 “ハプバー”だったら「ウインク」だとか「チラの域を超えた大胆なパンチラないしブラチラ」だとか「股間をなでる」

だとか…?

 

結局のところ、

 

「卵が先かニワトリが先か」

 

…的な堂々巡りの話になってくるんですけど、ぼくは「自分のことを好きになってくれる女子」のことは、よほどの生理的な嫌悪感でもないかぎり、たいがいは「自分も好きになってしまう男子」ゆえ、ご安心してもらってけっこうなのであります(笑)!