Vol.251 20代男性約4割が「デート経験なし」という衝撃? – ハプバー(ハプニングバー)  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.251 20代男性約4割が「デート経験なし」という衝撃?

内閣府が6月14日に公表した『男女共同参画白書 令和4年版』の「特集編 人生100年時代における結婚と家族〜家族の姿の変化と課題にどう向き合うか〜」にあった、とある調査結果が、ちまたに衝撃を与えている様子です。

 

なんと! 20代男性の

 

約4割が「デート経験がない」

約7割が「配偶者・恋人がいない」

 (※20代女性でも約2〜3割が「デート経験なし」、約5割が「配偶者・恋人がいない」)

 

……と、回答しており、政府関係者は

 

「未婚や晩婚化…

(ひいては)少子化にも

拍車をかけることに

つながりかねない」

 

…として、危機感をあらわにしているといいます。

 

・趣味や娯楽の多様化によって、若者の恋愛への執着が薄くなってきている

 ・新型コロナショックの影響でコミュニケーションのリモート化が一気に加速した

 ・婚活アプリほか、インターネットによる出会いの常態化・主流化

 

…など、いくつかの要因は容易に分析できます。そして、これらの時代の流れを鑑みるかぎり、先ほどは「なんと!」なんて感嘆詞を一応使ってはみたものの、いっぽうでは

 

「こんなもんでしょ」

 

…といった、「驚き」というよりはむしろ「納得」の念が脳裏をよぎったのが、正直なところです。

 

だって、ぼくが大学生や新米社会人だった40年近く前でも

 

「一度もデートしたことありません」

「カノジョができない」

 

…みたいなことを憂う男子って、いる所にはウジャウジャしましたからね。Gジィさん的な雑感では

 

「一度もデートしたことがない男子

=約3割」

「カノジョがいない男子

=約6割」

 

…くらい?

 

どっちも今のたった1割減──しかも、あのころは

 

「童貞(バージン)であること」

 

…に対する同調圧力がハンパなかったので、

 

「とりあえずは、

デートしてカノジョつくって、

捨てるもんは捨てとかなきゃ」

 

…的な風潮も確実にありました。そういう紋切り型の切迫感から(40年前よりは)解放された令和の若者たちは、たとえ恋愛市場から弾き出されても趣味や娯楽やインターネット…という別天地があるぶん、恵まれているのかもしれません。

 

したがって、ここ“ハプバー”において、短時間のコミュニケイトのみで一気に関係をMAXまで深める猛者(もさ)な皆さまにとっては、信じられない数字なのでしょうが、当事者である彼ら彼女らにとって、このたびの内閣府による調査結果は…

 

マスメディアが騒いでいるほどの

「衝撃的な数字」でもないのでは?

 

…と、ぼくは推測します。

 

おそらく、ここで言う「デート」とは「リアル対面型」のものを指すと思われますが、最近では

 

「出会い系サイトで知り合って、

ネット上のみでデートを重ね、

結婚へと到る」

 

…ケースも珍しくはない…とのこと。いささか楽観的かつ極論的ではありますが、決して遠くない将来「バーチャルなデート」もれっきとした「デート」にカウントされる時代が来れば…「未婚や晩婚化、少子化に拍車をかけることにつながりかねない」などと政府関係者が危機感をあらわになさる必要もなくなるのではないでしょうか。

 

結婚してからも別居しながらネットのみで夫婦生活をおくるレベルまでバーチャル化が進行してしまったら、さすがにヤバい気もしますけどね……(笑)?