Vol.261 パチンコ – 新宿歌舞伎町ハプニングバー agreeable アグリーアブル
来店
予告
 

Vol.261 パチンコ

私事で…とは言っても、いつもここではほとんど「私事」しか語っちゃいないんですけど(笑)、今日はいつも以上の

「めっちゃ私事」でまことに恐縮では御座いますが、

 

「パチンコ」

 

…の話をしましょう。

 

ぼくは年に一度だけ、7月7日の七夕の日──草野球のチームメイトとパチンコに行くのが、もう10年近く…ささやかなルーティンとなっています。365分の1の確率で7・7が続くこの日は、どのパチンコ屋さんもお祭り騒ぎで大々的なイベントを組み、太っ腹な振る舞いをしてくださる…ってえのが、定説だからです。

 

もちろんのこと、今年の7月7日木曜日も行ってきました。

 

開店は10時…なんですけど、毎年気合を入れて朝の6時にはお目当てのパチンコ屋さんに到着するよう心がけます。8時半ごろに配られる

 

「入場整理番号券」

 

……をもらうためです。これは「入場できる順番」を確保できるのではなく、あくまで「入場できる順番を決めるための抽選ができる順番」を確保できるだけ──つまり、早くから並べば並ぶほど早く入場できるわけではなく、その「抽選」によって、はじめて入場順の番号入りの

 

「台確保券」

 

…がゲットできる…といったシステムなんであります。

 

8時をすぎたころには、行列がもう千人を軽く超えている様子(※この日に行った新宿西口にあるパチンコ屋さんの台総数は約800台)。今年引いたぼくの「台確保券」の番号は

 

238番!

 

なかなかに悪くない、かなりラッキーな部類…なのでは

ないでしょうか?

 

しかし当たり前の話、仮にここで「1番」を引けて「台選び放題!」という好環境を得たところで、その選んだ台がハマり台で大負けでも食らってしまったら、まったく意味がありません。なので、ぼくはこの年に一度の大勝負に挑む際、次のような縁起担ぎ

1週間ほど前から欠かさずに行うのです。

 

【Gジィさんの縁起担ぎ】

・当日はきちんとシャワーに入って、ヒゲも剃る!

(※身を清めるという発想)

 

当日は正装で!

(※やはり身を清めるという発想。とは言えタキシードを着用するわけではない。あくまで合コンなどに着ていくオシャレ着でOK)

 

・赤色・金色・ゼブラ柄・キリン柄をワンポイントに!

(※↑激アツ色or柄)

 

・青色と緑色のアイテムは絶対身につけない!

(※これらの色の保留玉はほぼ発展しないため)

 

・当日の『めざましテレビ』の星座占いは必ず(ネットで)チェック!

(※仮に最下位になったとしても、やることは変わらんのだがw)

 

・当日は勝ちが見えるまで絶食!

(※意味不明。満腹だと集中力が切れやすいから?)

 

・可能なかぎり台番号に「7」がつく台を選ぶ!

 

・前日は運を使い果たさないよう(例:道で一万円札を拾ったりして)なるべく外出しない

 

・前日は夕食はトンカツかカツ丼!

(※カツ=勝つ)

 

・7月7日の一週間前から射精禁止!

(※セックスもオナニーもハプバーも厳禁! 体内から精を出さないという発想?)

 

…以上、そのおかげもあって、今年は

『ガンダム・ユニコーン』で1万5千円突っ込み、

約1万6千発をゲットできました(^^)/

 

これまでで負けたのは去年の一度のみ(※それも一時期は9万円呑まれていたにもかかわらず、トータル5千円の負けまで引き戻した!)──ただ、行列に加わっているとき、これから真面目に会社へと出勤する

スーツ姿のサラリーマンやOLさんの、まるで

 

人間のクズ

 

…を見るような冷たい視線が、毎年痛くてたまらない…。ゆえに、

 

・必ず帽子をかぶる

 

…というのも、縁起担ぎとはまた別の観点から必須だったりするのです(笑)。