Vol.264 束縛男は浮気症? – 新宿歌舞伎町ハプニングバー agreeable アグリーアブル
来店
予告
 

Vol.264 束縛男は浮気症?

とある女性向けのファッション系メディアが、

 

『パッと見じゃわからない。

「束縛の強い男」の特徴って?』

 

なるタイトルの記事を配信しておりました。さっそく、

その「特徴」ってヤツを以下に紹介してみましょう。

 

(1)男友達との関係を問いただす

(2)なぜか浮気願望がある

(3)友達が少ない

(4)連絡のルールを決めてくる

 

いやぁ〜〜〜〜〜っ、コレですね…けっこう鋭いとこ突いてますよ! マジで……。

 

とくに(2)の「なぜか浮気願望がある」!! 同記事の筆者は、

 

「束縛が強い=浮気しない」ではないということを覚えておきましょう。むしろ、自分に浮気願望があるのと同じように、女性にも浮気願望を持っていると思い込んでいます。

 

…と分析していますが、まったくもってそのとおりだと、ぼくも思います。

 

そう! 浮気癖のある男は、まず自分のことは棚に上げておきながら、本命彼女や妻のことをやたら束縛してくる傾向が強い!!

 

普段、浮気するにあたって使いまくっているアノ手コノ手が、いずれ

そのまま自分に跳ね返ってくるんじゃないか…って可能性に脳内が支配され、不安で不安でたまらなくなるのです。

 

たとえば、

 

「今日は得意先の

接待で遅くなるから」

 

…というの言い訳を使って、実際はここ“ハブパー”に来ている

既婚男性がいるとしましょう。絶対にいますよね(笑)? 

 

そして、そーいう男性は、いざ妻が

 

「今日は高校の

同窓会で遅くなるから」

 

…ってことになったら、自分がヤッちゃているぶん、

 

「本当は歌舞伎町あたりの

“ハプバー”で、

複数の男とプレイルームで

××してんじゃねえの!?」

 

…みたいな空想が、安易に…しかもかなり具体的にできてしまうのであります。

 

そんな被害妄想に苛まれる男性は当然のこと(4)の「連絡についてルール」を、相当に細かく決めてくる。

 

「1時間ごとにLINEしろ!」

「一緒にいる同僚との写メを送ってこい!」

「部屋がシングルかどうか、領収書もあとから見せろ!」…etc.

 

さらに、もう一つ!

 

「浮気できる男=友達が多い」

…ともかぎらない!

 

…という公式も忘れないでください。

 

そう!「異性の浮気相手はひっきりなしでできるけど、同性の友達はあまりいない男」ってのは間違いなく実在するのです。

 

ゆえに、(3)の「友達が少ない」ってえのも正解! 少ないがゆえにプライベートの時間をもてあまし、パートナーの動向ばかりに目がいってしまうから、結果として「束縛が強い男」と化していく

わけあります。

 

ところで、そんな束縛男のことを一昔前

 

「バッキー」

 

…とかって呼んでませんでしたっけ? 

個人的にはわりといいネーミングだなぁ…と気に入っていたんですけど、もしかして、あんまし流行ってない???