Vol.267 歌舞伎町ホストクラブ最新事情 – 新宿歌舞伎町ハプニングバー agreeable アグリーアブル
来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.267 歌舞伎町ホストクラブ最新事情

アラサーになってから、いわゆる「ちゃんとした企業に就職した男性」がホストに転身する「元サラリーマンホスト」が昨今、歌舞伎町でにわか増えてきている。

 

そんなをキャッチしました。

 

「ホストほど学歴や職歴が

バラバラな職業は珍しい」

 

…とはよく言いますが、これはあながち大袈裟な表現でもありません。10年ほど前に、ぼくが、とある仕事の縁で会った百人以上もの

ホストの皆さんは前職は、たしかにかなりバラエティに富んでおり、偏差値の振り幅も相当なものでありました。

 

なお、余談ではありますが、ここ『アグリーアブル』も歌舞伎町という場所柄なのか、現役ホストのイケメンくんたちが常連となっている…とのことです。

 

話を戻しましょう。もちろん、その「バラエティ」のなかには「一度はちゃんとした企業に就職していたホスト」もけっこういた記憶があり、コレって結局のところは女性に例えれば、

 

「ちゃんとした企業に

就職していた元OLが

キャバクラ嬢に転身した」

 

…のと同じパターンで、正直

 

「今さら騒ぎ立てるほど

珍しいケースでもないのでは?」

 

…って気がしなくもありません。

 

むしろ、注目すべきなのは「元サラリーマン」ってとこじゃなく、「アラサーになってから」というくだり──つまり、

 

「ちゃんとした企業に

それなりの期間働いて

きた上での転職」

 

「ホストデビューの高齢化」

 

…という現状なのではないでしょうか。

 

「ちゃんとした企業にそれなりの期間働いてきた」ってことは、

「会社が嫌でたまらないからホストの世界に逃げ入った」のではないのだから、ある程度

 

「サラリーマンのメリットと

ホストなる職業のメリット」

 

を客観的に対比したうえで“現職”を続けているわけです。そして、 “前職”で得たスキルを“現職”に活かせるだけのキャリアを積んでいるわけでもあります。さらに、

 

・昨年の歌舞伎町年間最高売り上げである5億2000万円をたたき出した有名ホストは32歳

 

・40代の月間1000万円プレイヤーも誕生している

 

そんな事実がまかり通るってことは、大人の余裕を感じたい女性客が増えているってことなのでしょう。

 

なるほど、需要サイドが「商品の新鮮さ」さほど気にしないのなら、さらに「一定期間の熟成」すら希望するのなら、見た目のアンチエイジング技術がみるみる進化していくさなか、ホストの賞味期限は延びていくいっぽうで、今後は「サラリーマン」という地道な修業時代も売りとして、よりいっそうアピールしやすくなっていくのかもしれません。

 

“ハプバー”の男性賞味期限も、もっと延びてくれたらうれしいなぁ…!!!!!