Vol.268 バツイチ女性の魅力について語ろう! – 新宿歌舞伎町ハプニングバー agreeable アグリーアブル
来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.268 バツイチ女性の魅力について語ろう!

とある女性向けの総合情報メディアが

 

「バツイチ女性がじつはモテる!

婚活中に参考にできる3つの理由」

 

…なるタイトルの記事を配信しておりました。まったくもってぼくも

 

「バツイチ女性は最高だ!」

 

…と猛烈に同感します。さっそくその「モテる理由3つ」ってヤツを以下に紹介してみましょう。

 

(1)結婚に対して焦りを見せない

(※一度結婚している女性は、ゆっくり相手を見極めようという傾向がある=余裕がある)

 

(2)期待をし過ぎない、依存しない

(※一度結婚しているからこそ、相手への過度な期待や依存は相手を苦しめるだけではなく、自分を苦しめることにもなることを知っている)

 

(3)適正な金銭感覚を身につけている

(※結婚したことがある女性の多くは貯金や節約の経験があるため、相手にあまり金銭的な負担をかけたくないという意識ができている)

 

なるほど、バツイチ女性の魅力をまんべんなく網羅する、

じつに的を射た分析だと思いました。

 

ぼくは常々、スキあらば

 

「バツイチ女性は

金のワラジを履いてでも探せ!」

 

…という、もはや「諺(ことわざ)」と呼んでも差し支えない、

普遍的な摂理を訴え続けてきました。もちろん

「バツ2」だって「バツ3」だってかまわいません。

だから、正確には「バツ入り女性〜」もしくは「バツイチ以上の

女性〜」とでも表記すべきなのかもしれません。まあ、そこらへんは「バツイチ」のほうがなんとなくキャッチーな感じがするので……ってことでお許し願くださいm(__)m

 

ここで、同メディアが(おそらく)書き漏らした(に違いない)

 

「まだまだいっぱいある

バツ入り女性の魅力」

 

…を、いくつか追加しておきます。

 

・普段着的な料理がうまい

 

バツ入り女性は、結婚生活を通じて料理の腕前が実践的に総じてアップする。さらに「美味しい」だけではなく、前出の(3)にあった「適正な金銭感覚」に則った、いわゆる「気取らない料理」

効率良くつくってくれるのだ。これは、たとえ男性側も料理が得意であっても、大きなアドバンテージとなることは間違いない。

 

・「結婚」というセレモニーに

  過度な幻想を抱いていない

 

バツ入り女性は、一度経験しているからか、結婚をするにあたっての三大儀式「披露宴」「指輪」「新婚旅行」に分不相応なお金をかけずに済む、リアリティのあるプランをプレゼンしてくれる。

 

・夜の生活においても無理強いをしない

 

「セックスレス」が遠因で離婚するケースも少なくはないせいか、「飽きる」という概念を理解し、おたがいのペースを考慮し合いながら、長い目で見たテクニカルな性技をも容認してくれる。

 

とくに、最後の「夜の生活」のくだりは看過できない重大要素

であり、「テクニカルな性技」は“ハプバー”マニアにとっても捨てがたい資質であることに間違いはありません。すなわち「バツイチ女性は金のワラジを〜(※以下略)」イコール

 

「アタシ、バツ◯なの…

と告白する女性は

三顧の礼をもって迎え入れよ!」

 

…なる格言は、ここ“ハプバー”においても、れっきと通用する通説なのです。

 

申すまでもなく「バツ」とは「失敗」のことを指します。でも、そんな避けようのなかった過去の「失敗」から、なにかを学んだ女性とは…やはり(一般的には)人間としての成熟度も高く、

金のワラジを履いてでも探す価値は十分にあるのではないでしょうか?