Vol.277 愛人キャラってどんなキャラ? – 新宿歌舞伎町ハプニングバー agreeable アグリーアブル
来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.277 愛人キャラってどんなキャラ?

タレントの橋本マナミさん(37)が、『人志松本の酒のツマミになる話』に出演し、自身の

 

「愛人キャラ」

 

…についての悩みを打ち明けておりました。そのおおよその発言は以下のとおりでありました。

 

「愛人キャラとして(世に)出てきたので、男性ファンがすごい多くて…」

 

(でも、結婚したから)「子ども産んで、女性ファンの共感がすごく欲しくて。今、憧れている子って菊地亜美ちゃんなんですよ。菊地亜美ちゃんて、女性ファンがほとんど。インスタライブとかやると『亜美ちゃんだ!』って、神みたいに崇められていて。すごいそれが羨ましくて」

 

「子育てしてると、すごい大変なこともあるから。コメントとかで共感をもらえると、“私も頑張ろう”と思えるんですけど。パブリックイメージの大きさはなかなか…」

 

グラビアをバリバリにやっていたころは「国民的愛人」なんて、よくよく咀嚼するととんでもないキャッチフレーズ(笑)を欲しいままにしていた橋本さんですが、2011年11月に一般男性と結婚し、翌年7月には第一子となる男児を出産。それをきっかけに「ママタレ」への転向をはかるも、いまだ「愛人キャラ」が抜けきれず…。だがしかし! ここでぼくは、あらためて冷静に考え直します。

 

「愛人キャラって

どんなキャラやねん!?」

 

とりあえずは、パッとぼくの頭に浮かんだ「愛人キャラ」っぽい要素を、ざっと箇条書きにしてみましょう。

 

(1)ストレート系の黒髪

 

(2)顔のパーツは小ぶりなバランス型

 

(3)若いころは

    実年齢より老けて見られがち

 

(4)適齢期なのに未婚(だった)

 

(5)物分かりが良い(良すぎる?)

 

(6)口数は少なめ…ではあるが

    自身のポリシーには頑固な一面も

 

(7)洋服のセンスは地味めだが

         脱いだらじつはすごいんです!?

 

(8)群れるのを嫌い、単独行動を好む

 

(9)部屋はいつもきちんと片付いている

 

(10)料理が得意(とくに家庭料理?)

 

…と、女性側からのお叱りを覚悟で、

あえての男性目線オンリーで列挙するなら、まあこんな感じ…ですかね? 

はい正解! “ハプバー”でも間違いなくモテるタイプの女性ですね(笑)。

 

もちろんのこと、ぼくは橋本さんとは1ミリも面識はないし、「これまで」をつぶさにチェックしてきたわけでもないので、はたしてどれとどれとが彼女に該当するのか、本当のところはよくわからないのだけれど、たぶん↑の10項目中6〜7個くらいは合致しているのでしょう。

 

そして、これらを総論的にまとめれば、ぼくが定義する「愛人キャラ」とは、

 

・存在感が薄い

・私生活がイメージしづらい

 

…という仮説へと行き着くわけですが、そもそも「存在感が薄いヒト」が芸能人になれるはずもなく…あと、芸能人なら「私生活がイメージしづらい」のも当たり前? つまり、未婚時代にいただいてしまった「国民的愛人」という、セールスプロモーション的にはあまりにも秀逸だったコピーライティングが秘めるパワーが、案外そのイメージを払拭できない一番の真相であって、その残像を完全に無きモノとするには、まだまだかなりの時間を必要とするのかもしれません。