Vol.279 「社会の窓」について – ハプニングバー  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.279 「社会の窓」について

真面目なタイプの部下の女性と取引先に。ビルに入る直前、部下が「たいへん申し上げづらいんですが、さきほどから社会の窓が…」とおしえてくれた…。

 

そんな小恥ずかしい状況下において、全開側の男性上司はどうリアクションすればいいのか? こんなような内容のコラムを、とあるよろず系の総合ネットメディアが配信しておりました。

 

とりあえずは、

 

「うわ、ずっと開いたままだったよね。苦しませて申し訳ない。教えてくれてありがとう。助かったよ。○○さんは頼りになるな」

 

…といった模範回答的な実例を示しておき、その後は

曲げたり落としたりしながら、最後は

 

「なんだか、どれも言わないほうがいい気がしてきました。テレ隠しにジタバタすればするほど、どんどん印象が悪くなりそうです。余計なことをしゃべらないように、お口のチャックも閉めたほうがよさそうです」

 

…と、まるで『笑点』の大喜利のようなダジャレで〆る、

 

「結局は役に立ってるんだか

立っていないんだか…」

 

…みたいなぼんやりした読後感のみしか残らない、素晴らしい内容の原稿でありました。

 

で、リアルな話、どうすりゃいいですかね??? いや、

社会の窓が開けっぱなのを誰だかに指摘された場合ですよ。ぼくだったら、月並みすぎて恐縮(?)ではあるのですが、

 

「あ、ホントだ…ありがと」

 

…と、一言だけ添えて、チャッチャ(※チャックだけにw)と

閉めます。

 

しかしながら、じつのところを申すと、

 

「指摘」されたら

ある意味「閉めるきっかけ」も

得やすい

 

…わけであって、むしろやっかいなのは

 

「自分は気づいていながらも、

周囲がまったく指摘してくれない」

 

…ケースなのではないでしょうか?

 

たとえば、電車の中でぼくは吊り革を握り、社会の窓を閉め忘れた状態で立っている(勃っていたら即アウトですw)。そして、目の前…っていうか股間の前には座席に座っている美しい女性が…!? 気づいているのになにも言えないのか、単に気づいていないだけなのかは判別できません。けれど、このまま開きっぱだと周囲からは変質者扱い

され、鉄道警察に突き出されかねないし、その彼女の眼前から30センチくらいの距離でチャックを上げるのもかなりの勇気が…

 

さあ、どーする!?

 

ぼくだったらけっこうな荒技ではあるけれど、

 

「軽いめまいをおぼえたフリをして、

その場でフラフラしながら、

そのどさくさに紛れて

さりげなく閉める」

 

コレは決して冗談じゃなく、本当に何度かぼくは実践したことがあります。大きな不審行為(=電車の中でフラフラする)によって小さな不審行為(=チャックを閉める)を目立たなくする──

「森で木を隠す」的な発想ですね。ちょっと違うか(笑)?

 

ただ、これが電車の中とかではなく“ハプバー”内でのミステイクなら、しめたもの!

 

気づいた全開放の社会の窓を堂々と指差しながら、

 

「キミが美しすぎるから

チャックがハチ切れてしまったよ」

 

…と悪戯っぽい笑みとともにつぶやき、一気に距離を詰めればいいのです。

こういう

 

「マイナスをプラスに

変える機転と強欲さ」

 

…って、どんな場合でも案外大切なのかもしれません…よね? 

なんのこっちゃ(笑)。