Vol.280 「オタク」について – ハプニングバー  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.280 「オタク」について

男女問わず、「好きな異性のタイプは?」と問われたら、

 

「オタクなヒトが好き」

 

……と答えるヒトが、たまにいます。

「オタクっぽいヒト」ではありません。あくまで「オタクなヒト」であります。念の為。

 

しかし、そんな風な嗜好性を自己申告するヒトは、どうやら

 

「オタクなヒトだったら

どんな系統のオタクでもOK!」

 

…だともかぎらないようです。たとえば、こんなことがありました。

 

ある身長180センチ超えのイケメン・Tくんは一流の企業に務めるハイスペック男子──もちろん、女子にもモテモテで合コンに行けば、参加している女子のほとんどをいつもかっさらっていく。ただ、その日の合コンには一人、なかなかに手強い女子がいました。

 

「オタクな男の人が好き」

 

…と公言し、一見オタクからはもっとも程遠いTくんには目もくれない。あまり、そのような扱いを受けた経験がないのでしょう。

プライドをかけて(なのか)Tくんは猛然とそのオタク好きな女子にアタックをかけるも、状況はいっこうに好転しない…。そこでTくんは彼女にこうアピールします。

 

「オレもオタクだし! 

野球オタク!!」

 

たしかにTくんの野球に関する知見は趣味の域を超えた尋常の無さで、その豊富な知識を自身の草野球のパフォーマンスにも十二分に活かし、30代半ばにして日々スキルアップしています。が、彼女のリアクションは相も変わらずの冷淡さで、結局Tくんは彼女を諦め、別の女子をお持ち帰りしました…とさ。

 

いったい「野球オタク」のなにがいけなかったのか? 

 

おそらく…ではありますけど、「野球」といったメジャー中のメジャーに該当する分野がいけなかったのでは…とぼくはにらんでいます。そもそも「スポーツ」自体がオタク検定からは外されてしまうのかもしれません。百歩譲って「鑑賞」オンリーなら可? だから、もし

「相撲」だとか「フィギュアスケート」だとかなら、

ギリセーだった可能性もなくはありません。

 

かといって、「オタク」というワードから一般的にもっともイメージしやすい「アニメ」「アイドル」あたりが「オタク好き」を自称するこの彼女の琴線を揺さぶるとも考えづらい。やはり「オタク界」のなかでこれらはメジャー中のメジャーだからです。

 

「分野のマニアック性」

 

こそが「オタクなヒトが好き」なヒトにとっては、重要なポイントとなるのではないでしょうか? とどのつまりが、そういうことを言うヒトたちは、より正確な表現をすれば、

 

「マイナーな分野に

目をつける特異なセンスと

それをとことんまで

突き詰める忍耐強さの持ち主」

 

…が好きなのです。

 

早い話が

 

「天邪鬼な性格のちょっと変わり者」

 

…が好物? 個人的には「物事をとことんまで突き詰める忍耐強さ」

だけでも、まごうことなく賞賛に値する才能だとは思うのですが…。

 

ちなみに、ぼくは下ネタの場やここ“ハプバー”において、よく

 

「ボクってセックスオタクだから!」

 

…みたいな自慢をして、それをツカミとするワザを好んで使うのですが、コレは「オタク好きな女性」からは、

はたしてどうジャッジされるのでしょう(笑)?