Vol.293 「浮気」という不治の病 – ハプニングバー  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.293 「浮気」という不治の病

とある女性向け情報サイトが、

 

「浮気を繰り返す

男性の心理状態」

 

…について言及する旨の記事を配信しておりました。

 

「ありがち」と言えば超ありがちなテーマではあるけれど、まずタイトル冒頭の

 

「浮気は不治の病です」

 

…なるキャッチコピーが、じつに秀逸! たしかに、男女問わず浮気癖のあるヒトってえのは、何度痛い目に会ってもまったく懲りずに、また同じパターンの「痛い目」というゴールへとまっしぐらに突き進む…。モノホンの病に伏せり、寝たきりの状態にでもならないかぎり完治が困難な、まさに「不治の病」だと言えましょう

(※寝たきりになっても出会い系サイトやSNSを駆使して浮気に走ろうとさえしちゃうかもしれませんw)

 

では、さっそく記事中にあった、その「病の根源」を以下に紹介してみます。

 

(1)寂しさを埋められない

(※恋人と会えなかったり、妻が子育てで忙しかったりすると「寂しさ」を感じ、一人でいる時間に耐えられず、つい浮気してしまう)

 

(2)「自分がモテる」と実感したい

(※ナルシストな男性は「女性にモテること」に執着し、つい浮気してしまう)

 

(3)新たな刺激が欲しい

(※「クルマやスマホをしょっちゅう買い替えてしまうようなヒト」はマンネリを嫌い、つい浮気してしまう)

 

(4)誘われたら断れない

(※「断ること」によって相手を傷つけたくないという心理から、いつのまにか浮気をしてしまう)

 

べつだん、気を衒(てら)った着眼ではないものの、

どれもそれなりに核心を突いた、なかなかに鋭い分析だと思いました。

 

いっそう正確な法則として捉えるならば、おそらく何度痛い目に会ってもまったく懲りない浮気症を患うヒトは、

 

「誰もが(1)と(2)の要素を

大なり小なり兼ね備え、そこから

(3)のタイプか(4)のタイプの

どちらかに分類される」

 

…って感じなのではないでしょうか。もちろん、既婚だったり正式なパートナーがいたりするのに、ここ“ハプバー”へと足繁く通う

浮気者なアナタも決して例外ではありません。

 

とくに、(2)の『「自分がモテる」と実感したい』という一種の承認欲求は、「浮気」という病の原動力としては、あながち無視できないシロモノだったりします。

 

この手のナルシズムに脳内を支配されがちな男性…いや、男女は得てして「モテること」すなわち

 

「他者を巻き込むこと」

 

…によって自身の現役感を、より確固たるものとして認識しようとする傾向が強い。そして、そういう男性…いや、男女が加齢を積み重ねると、いずれは

 

「コレが最後の恋愛だから!」

 

…といった切迫感に苛まれはじめ、「浮気」と「本気」のデッドラインを無きものとする、一際デンジャラスなゾーンへと突入していく…。

 

結論として、「浮気」とは──「不治」どころか、むしろ

「悪化」してしまう心底やっかいな「病」だということなのです。

 

そして、“ハプバー”という対処療法の場を見つけることができた患者さんは、まだマシな部類…なのかもしれません。