Vol.296 「イケメン恐怖症」なる病 – ハプニングバー  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.296 「イケメン恐怖症」なる病

どこぞの総合情報サイトが

 

「イケメン恐怖症」

 

…について考察する記事を配信しておりました。

 

同記事曰く、

 

フツメンには自然体で接せるのに、イケメンにだけ過剰反応をしてしまい、気を使いすぎたり、必要以上に距離を置いてしまったりすることがあります。

 

…とのこと。

 

「そんな病(やまい)

ホンマにあるんかいな!?」

 

と、訝しがるヒトもいるのではないでしょうか? しかし、ぼくの周囲にも

 

「イケメンは苦手!」

 

…を自認する女性は、たしかに一定数実在します。とりあえずは、記事中にあった「イケメン恐怖症」の病因を、

ザッとまとめておきましょう。

 

(1)無意識に自分と相手の外見を比較している

 

(2)相手から見た目を評価されているような気持ちになる

 

(3)「イケメン=ナルシスト」というイメージがある

 

なるほど! どれもあらためて指摘されてみれば、それなりに納得できる言いぶんではあります。ちなみに、ぼくの周囲にいる

「イケメン恐怖症」を患っている(?)女性は、皆一同にこんな風なことをおっしゃっていました。

 

「イケメンって付き合ってもすぐ浮気しそうだから嫌!」

 

「イケメンが彼氏だと、些細なことにいちいちヤキモキしちゃいそうで面倒くさい」

 

「対等な立場で付き合えない」

 

「分不相応なイケメンと付き合っていたら、自分のことをいろいろと勘ぐられてしまう」

 

「ときに女同士の友情がこじれてしまうこともある」

 

あと、「イケメン」と称号される男に付随しがちな「高身長」が単純に怖い、圧迫感を感じる…という低身長ガールも数人、

私は知っています。

 

「どんなに背が高くても

175センチ以上は絶対NG!」

 

…と、彼女らは頑なまでに譲らない。ホントいろんなヒトがいるもんですね〜。

 

さて。同記事には「イケメン恐怖症」の特徴を羅列するだけではなく、その「治療法」までもが親切に提言されていました。

 

「中身に興味を持つ」「イケメンと話す機会を持つ」「自分磨きをして自信を持つ」…(以下略)

 

…みたいな具合に、です。

 

ただ、一男性として個人的な意見を述べさせていただくと、

 

「なにも無理してイケメン恐怖症を

治す必要なんてないだろ!」

 

…とも思わなくはありません。

 

下手に“治療”が成功してしまえば…ここ“ハプバー”でも、よりいっそう「イケメンの独り占め状態」がインフレ化してしまうばかり…。

 

「イケメンが苦手」という趣味嗜好のばらつきがあってこそ、

「適材適所」という概念はかろうじて遵守されるのではないでしょうか?