Vol.304 「性格は悪いけどモテる女性」について – ハプニングバー  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.304 「性格は悪いけどモテる女性」について

とある女性向け恋愛系ネットメディアが、

 

「性格が悪いのにモテる女性」

 

…ってヤツの特徴を8つも挙げておりました。とりあえずその「8つ」とは以下のとおりでした。

 

(1)ルックスがいい

(2)男性と女性の前で態度が違う

(3)意外と頭の回転が早い

(4)女友達とつるまない

(5)男性を優先する

(6)人には厳しいが自分には甘い

(7)悪口が多い

(8)感情的になりやすい

 

テーマというか、切り口はすごくいいと思う。さらに、精選された「8つの特徴」も、納得と発見が適度に混在していて、なかなかに読み応えがありました。

 

たとえば、(1)〜(5)…もしくは(6)あたりまでは、ドラマや漫画などで描かれる典型的な「モテはするけど性格が悪い女」であって、

 

「うんうん! 

たしかにいるよね…

こーいう子って」

 

…みたいな共感を得ることができます。

 

いっぽう、(7)(8)の

 

「悪口ばっか言ってたり、

すぐ感情的になる子って、

女子だけじゃなく

男子にも嫌われるのでは?」

 

…と、一瞬疑念を抱きはしましたが、本文に目を通すと、

 

「悪口によって同性ライバルを蹴落とす」

 

「感情的=喜怒哀楽の差が激しい

→男性からすれば

“感情豊か”と映る(ことも?)」

 

…ってことらしい。なるほど…Gジィさんからすれば、ちょっとした気づきを与えてくれた、新しい着眼でありました。

 

では、ここまでのけっこうに秀逸な内容の記事を、読者の皆さまは、はたしてどう活かせば良いのでしょう?

 

「女性向けの恋愛指南」と謳っているからには、もちろんターゲットは「女性」であります。そして、その「女性」に向けて、本記事は文末をこう〆ていました。

 

性格が良くても報われるとは

限らないのが恋愛の難しいところですが、

やっぱり同性にだって好かれたい!

 

性格が良いモテ女を目指しましょう。

 

つまり、

 

「こんな風になっちゃダメですよ」

 

…といった戒めの忠告──反面教師的な役割として、前出した

「8つの特徴」を提示しているということです。

 

方向性としてはじつに真っ当で、モラルや倫理性の観点からも決して間違っちゃあいません。

 

ただ、逆に

 

モテない…と自分を嘆いている貴女は、

いっそ形振(なりふり)かまわず

「なぜか性格が悪いのにモテる女性」

の言動を参考にしてみては

いかがでしょう?

 

…と、これらの「8つの特徴」を劇薬的に扱ってみるのも、アリなのかもしれません。

 

ここ“ハプバー”においても、もし貴女の最終目的が

 

「イケてる男と

親密な関係を

後腐れなく

築きたい」

 

…のであれば、別に同性に嫌われたってかまわないじゃないですか。

 

そして、仮に、女友だちと一緒に来ていたのだとしても、ここでは目的達成のためには、どんな姑息な手段を使っても、すべて

 

無礼講!

 

…だということを、お互いに確認、認識しあってから、試合に臨むのが正しい姿勢であり、“ハプバー”を楽しみ尽くすためのコツなのです。