Vol.320 「きのこヘア」はお好き? – ハプバー(ハプニングバー)  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.320 「きのこヘア」はお好き?

とあるメンズヘアサロンを全国展開する会社が、

 

「女性がダサいと

感じる男性の髪型」

 

…についてアンケート調査を実施し、その結果をネット上に配信しておりました。とりあえずは、上位にランクインしてしまった

「男性の髪型」を以下に紹介してみましょう。

 

1位:きのこヘア

2位:ロン毛

3位:ウルフカット

4位:アシンメトリー

5位:短すぎるツーブロック

6位:アイロンを使ったヘアセット

 

「ロン毛」「ウルフカット」「アシンメトリー」「(短すぎる?)ツーブロック」も、一時期は一世を風靡した、かつての

 

「トレンディなヘアスタイル」

 

…ばっかじゃないですか!

 

「きのこヘア」だってビートルズ全盛期の1960年代には大流行した…らしいし、「アイロンを使ったヘアセット(=パンチパーマのこと?)」だって一部の反社層やヤンキーのあいだでは…いまだ根強い人気を誇っています。

 

これらすべてがネガティブに捉えられているということは…

もしかすると、

 

男性の髪型の自由度は

年々幅が狭くなっている

 

…のかもしれません。

 

それにしても「きのこヘア」の過半数を超える

拒絶っぷりってえのは、一体どーいうわけなんすかね???

 

「前髪が重たく

モッサリしている」

 

…というのがおもな理由らしいけど、ここまで不人気にもかかわらず、バナナマン日村さん・蛍原徹さん・バカリズムさん…など、

お笑い芸人を中心とし、あえてこの髪型をチョイスするヒトは一定数実在します。やはり、見た目の

 

「瞬間的インパクト」

 

…という面では群を抜いているってことなのでしょう。

 

ぼくは、きのこヘアが圧倒的に女性からの支持を得られない

遠因の一つに

 

「なんとなくの草食系男子感」

 

…があるんじゃないか…と、にらんでいます。そう! シルエットこそペニスチックなのに(笑)きのこヘアは男性からオスとしての

 

「色気」

「セクシー」

「ワイルド」

 

…といった要素を徹底的に奪い取ってしまうのです。

 

試しに、きのこヘアでキメている男性と一緒に、ここ“ハプバー”で

プレイルームまで移動し、その彼がパンツ一丁で待ちかまえている姿を脳内でイメージしてみてください。

 

けっこうなギャップ

 

…でしょ? そういう意味ではロン毛もアシンメトリーも(極端な)ツーブロックも同様で、とどのつまりが

 

「髪型をつくり込みすぎる」

 

…というアンナチュラルが、イマドキの多数派女性の

モテ事情──ましてや圧倒的に肉食獣的な男女が集いがちなここ“ハプバー”においてはマッチしないのではないでしょうか?ちなみに、ウルフカットも「つくり込みすぎ」との観点からすれば、決して例外ではありません。

 

もはや、髪型はアピールではなく、

 

「容姿やファッションの

トータルバランス」

 「清潔感」

「社会性」

 

…などをフォローするだけのツールとなりつつあるのです。Gジィさんみたく還暦間際にもなると、仮にやりたくても、

きのこヘアなんて毛量的にできるはずもなく、可能な髪型はおのずと「(元)海老蔵坊主」と、その他2つ程度に限定されてしまうのですが…(笑)?