Vol.323 ハプバーでまだ来ぬ友だち自慢をするとき、「なに推し」が正解なのか? – ハプバー(ハプニングバー)  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.323 ハプバーでまだ来ぬ友だち自慢をするとき、「なに推し」が正解なのか?

すみません! タイトルだけじゃあ、どーいう意味なのか

少々わかりづらいかもしれませんね(^^;; 

 

では、たとえば…こーいうケースを想定してみてください。

 

貴男は今、ここ“ハプバー”のカウンター席に座り、独りでコークハイを飲んでいます。男友だちと現地集合ということで待ち合わせしているのですが、その彼はちょっとした仕事のトラブルで来店が遅れている模様です。

その15分後、貴男のとなり席に二人の女性がやって来ました。どちらもなかなかの美人さんなので、当然のこと、猛然とアタックをかけロックオンしたい…ところなのですが、貴男独りだけだとやや荷が重い──だから、貴男は「もうすぐ友だちが来るから、一緒に飲もうよ」と、彼女たちがイメージする、まもなく合流できるであろう男友だちへの期待を膨らませることで、他の席に逃さないよう、その彼のことを猛然と褒めちぎる作戦に出ます。

さて! そんなとき、貴男は彼のことを「なに推し」すればいいのでしょう?

 

…ってことであります。その成功率(※Gジィさん註:「性交率」ではありません)は以下のとおり!

 

(1)いいヒト推し[成功率10%]

 

「いいヒト」ほど曖昧で投げやりな推し文句はありません。おそらく貴男が繰り返す「めっちゃいいヤツだから」「お世話になっております」程度の社交辞令として、あっさりスルーされてしまうことでしょう。

 

(2)金持ち推し[成功率20%]

 

通常の合コンあたりだと、それなりの成功率を見込めそうではありますが、ここ“ハプバー”においては、実際さほどの効果を望めません。ドリンク飲み放題でお金のやりとりも一切発生しない一期一会の場である“ハプバー”は、入場料を払える経済力さえあれば、

貧富の差はゼロとなるのです。

 

(3)すごいヒト推し[成功率30%]

 

「ウチの会社で営業成績一番のヤツだから」などといった推し文句も、相手が「ウチの会社」に所属していないかぎり、

やはりどうだっていい話です。だったら「ヤツのチ◯ポ、

ハンパなくすごいから」のほうがまだ可能性があります。

 

(4)やさしいヒト推し[成功率40%]

 

一見、「いいヒト」と同じくらいフワッとした捉えどころのない抽象的な推し文句ではありますが、昔も今も女子は「やさしい」という形容詞には、わりと弱いようです。

良くはないけど悪くもない…といったところでしょうか。

 

(5)面白いヒト推し[成功率50%]

 

「いいヒト」「やさしいヒト」よりは、人物像が比較的具体化される推し文句です。ただし、貴男と相手の「面白いのツボ」がズレていたり、貴男が本当は根本的に面白くないヒトだったりすれば、目も当てられません。

 

(6)グルメ推し[成功率60%]

 

(2)の「金持ち推し」同様、基本的に食事に重きを置いていない、一期一会の場である“ハプバー”においては、あまり意味のない自慢です。とは言え、舌の好みはセックスの相性に直結しがちだったりするので、そこで意気投合すれば、それなりに会話が進む可能性もなくはないので金持ち自慢よりはややマシといったところでしょう。

 

(7)趣味推し[成功率70%]

 

ぼくにかぎって言えば、相手がマイハッピとマイメガフォンを持っているクラスの熱烈な阪神ファンだったり、スコアをつけられる

クラスの野球好きだったりしたら、初対面でも盛り上がること間違いなしです。しかし、個人的には「趣味が合う」より「舌が合う」ほうが、カップルとしての持久力は長いような気がします。ここ“ハプバー”においては、そんな持久力はほぼ必要ないのですが…?

 

(8)結婚願望強いヒト推し[成功率80%]

 

“ハプバー”ではもっともウザいタイプだと思われがちですが、いくら一期一会の関係とはいえ、女性に対する思いやりと誠実さは大切です。「意表を突く」という観点からも試してみる価値のある作戦かもしれません?

 

(9)イケメン推し[成功率90%]  

 

まだ、おたがいの情報がなにもない男女が対面するのに「容姿」ほど絶対的な決め手となる要素はありません。ただ、その彼がある程度はホンモノのイケメンであることが最低条件になります。 

 

以上、少しでも参考にしていただければ幸いでありますm(__)m

 

おしまいっ!