Vol.344 ハプバーで「好きな芸能人は?」と聞かれたとき、アナタならどーする? – ハプバー(ハプニングバー)  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.344 ハプバーで「好きな芸能人は?」と聞かれたとき、アナタならどーする?

とある女性向けの恋愛系WEBメディアが

 

「男性が女性から

聞かれると困ってしまう

NG質問」

 

…みたいな内容の記事を配信しておりました。とりあえず、その「NG質問」とは以下の「3つ」でありました。

 

(1)どのエリアに住んでいるの?

 (※住んでいる場所で品定めをされているっぽい)

 

(2)なんで彼女できないの?

 (※「こっちが知りたいわ!」と、逆にツッコミたくなる)

 

(3)好きなタイプの芸能人は?

 (※どう答えてもネガティブな反応をされそうで、正解がわからない)

 

Gジィさん個人の見解を申せば、(1)と(2)は正直そこまで

「嫌な質問」でもありません。

 

(1)だと「◯◯◯」最寄りの駅名をサラッと告げるし、(2)だと

 

「じゃあキミがカノジョになってよ」

 

…と軽いジャブで斬り返す程度のウイットは持ち合わせています。

 

しかし、(3)の

 

「好きなタイプの芸能人は?」

 

…と尋ねられたら…とくにそこそこお気にな女性相手だと、たしかに少々返答には窮してしまう…かもしれません。

 

しかも、この質問…ここ“ハプバー”においてもわりと頻繁に飛び交う、スタンダードの類(たぐい)だったりもするので、要注意! したがって、今日のコラムは珍しく?(笑)必読です!

 

まずは、素直に、ですね…思い浮かぶ人物をそのまんま答えてみましょう。

 

今のぼくだったら…ん〜〜〜っ…誰ですかね? 佐野ひなこ

さん…とか??? しかし、仮に今宵の相手が佐野ひなこさんとはかなり真逆な…仮に堀田真由さんチックな雰囲気の子だったりしたら、目も当てられません。たとえ別に彼女がぼくに対して、さしたる好感を抱いていなくても、あまりいい気分はしない…んじゃないでしょうか? 

 

考えすぎ? 

 

いや! ぼくだって(たとえその子に特別な好意がなくても)女子から「ナイスミドル」の概念とは真逆なジャニーズ系だとか

韓流アイドルだとかが「タイプです!」と言われたら、少なからずガッカリしちゃいますしね…?

 

では次に、自分の好みは完全に捨てて、今宵の相手と比較的傾向が似ている人物のなかから最大級に美人な芸能人を見つくろって、答えてみましょう。

 

仮にちょい下膨れ系の丸顔でクリクリした眼の下に小さなホクロがあったりしたら、松嶋菜々子さん…とか? うん! 戦略としてはなかなか悪くありません。悪くありませんが、

 

「アタシ…松嶋菜々子って

あんまし好きじゃ

ないんですよね〜」

 

…と、まったく予想外の地雷を踏んでしまうケースも稀にあったりします。

 

いっそエマ・ワトソンさんだとか

スカーレット・ヨハンソンさんだとか…と、日本人女性の容姿とは極北の位置にいるハリウッド女優の名を挙げ、

お茶を濁す…という手もなくはありませんが、それでも

 

「ああ…結局は

派手派手なオンナが好みなのね」

 

…と勘違いされてしまう危険性もなくはありません。いずれにしろ、100%セーフティな模範回答ではないわけです。

 

ぼくは、もし「好きなタイプの芸能人は?」と質問されたならば、やや臭みこそただようものの、

 

「ほとんどテレビとか

観ないから

最近の芸能人とかよく知らんし…

会ったこともない芸能人より

身近なヒトのほうが

断然興味があります」

 

…と、論点をズラしながら、その話題から一刻も早く離れるように努めます。そして、それでもしつこく食い下がってこられたら、(故)大原麗子さんだとか(故)夏目雅子さんだとか…と、若い世代には認知できない昔の芸能人の名前を出して、逃げることにしています。

 

もちろんのこと、この回避法が「ベスト!」だと言い切る自信はありません。ただ一つだけ! 絶対に最悪なのは、ここで

 

「男性芸能人」

 

…の名前を口にすること──その人物がキムタクなり

亀梨クンなり……の、どんなに美しい顔立ちを持つ人物だったとしても、「男の◯◯に似ている」と指摘されて喜ぶ女性は滅多にいないはず…なのではないでしょうか?

 

一度、15年くらい前に開催された合コンの場で、ある友人男性が一人の女性に向かって、

 

「キミ…松井(秀喜)に似てない?」

 

…と言い放ち、一瞬で場を凍てつかせた苦い経験があります。いくら「世界のマツイ」でも…

そりゃあ、やっぱダメでしょ(笑)。