Vol.354 ハプバーでの「朝からセックス」…ならぬ「昼から××」のススメ – ハプバー(ハプニングバー)  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.354 ハプバーでの「朝からセックス」…ならぬ「昼から××」のススメ

昨今、

 

「朝からセックス!」

 

…を推奨する女性向け恋愛系サイトの記事が…にわかではありますが、目立ちはじめている印象があります。

 

「俺は断然夜派!」

 

…と主張を曲げない御仁からすれば、迷惑千万なトレンドの兆しなのかもしれません。Gジィさんもどちらかと言えば

 

「一日の〆として夜に

じっくりと&ぐっすり睡眠派」

 

…だったりします。が、

 

「セックスレスを好む女子が

増えるよりは全然マシ!?」

 

…だとも思わなくはありません。あと、もう一つのとある事情から、あえて「朝セックス」穏健的に支持したいと考えています。まずは、その「とある事情」ってヤツから説明してみると…?  

 

なぜだろうか、ぼくGジィさんは、女子を自宅だとかラブホだとかに連れ込むことこそできても、

 

ヤレずに逃げられてしまう

 

…ケースがまことに多かったりします。一泊二日の温泉旅行や二泊三日の沖縄旅行ですら同様であります。

 

「Gジィさんのこと信用しているから!」

「そんなつもりはなかったのに…」

「今日、生理だから(Gジィさん側はそれでも問題なし!)」

「体調悪くて…」

「悪酔いしちゃった…(ときにはゲロ付き)」

「カレシがいるから(今さら!?)」

「もう眠い…(あるいは実際に寝てしまった)」

 

…エトセトラ…と、先方さんの言い訳はそれぞれ。そして、ぼくはそういう女子のささやかな抵抗にめっぽう弱く、たいがいはあっさりと引き下がってしまうのです。女子にかけては百選錬磨に違いない“ハプバー”マニアの皆さまは、

このような大どんでん返しにむせび泣くケースなんて、

ほとんど0%なのでしょうが…(笑)?

 

となれば、おのずと目が覚めたときが最後のチャンスになってしまうわけで、コチラとしては、もはや好き嫌い関係なく消去法的に「朝セックス」へと一縷の望みを託すしかなくなるのであります。  

 

ところが、一度「夜」に断られてしまった女子を相手に「朝」巻き返せるケースは大雑把に弾き出してみると、じつに1割以下。まるで

 

「プロ投手並の打率

(※大谷翔平選手を除く)

 

…でしかありません。

 

ただでさえ夜の強引さに欠けるGジィさんとしては、少しでも「朝」の平均打率を引き上げておきたいところ…。  

 

そこで注目したいのが、今年あたりからじわじわと盛り上がっている

 

「朝セックスブーム」

 

なのであります!

 

とりあえず、女性向けの、とある恋愛系Webサイトからピックアップした

 

『「朝セックス」が2人を“幸せ”に! 

いいことしかない10の効果とは?』

 

…という、なかなかの激しい煽りっぷりなタイトルの記事を読んでみると──その「10の効果」は、

 

1.朝の目覚めすっきり

2.いつまでも若くいられる

3.偏頭痛を予防する

4.スポーツ(=セックス)ができて健康的

5.時間の節約ができる

6.正しい一日の始まり方になる

7.もっと幸せになる

8.健康になる

9.ストレスを解消する

10.朝のほうが美人  

 

…と、ぶっちゃけて言ってしまえば、後に行けば行くほど

 

「無理やり10個にしちゃいました」

 

…的なおざなり度がぷんぷんとただよってくる、いわゆる

とほほ系記事でしかないのですが、総じて女子とは

 

「若さ」

「スポーツ」

「健康」

「美人」

 

…あたりのキャッチコピーに弱い生き物ゆえ、コレはコレできちんと成立している…気がしないでもありません。

 

そして、この「朝セックス」ブームは、なにを隠そうこの“ハプバー”でも決して例外ではないのです。

 

ここ『アグリーアブル』の開店時間は13時なので、さすがに「朝から〜」は無理なのですが、

 

「昼から××」

 

…なら十分に対応可能! さらに、店主のマツさんは

 

「昼って、

ディープなお客さまが多いから

けっこう狙い目ですよ〜!」

 

…と、太鼓判を押します。皆さまも一度

 

「××は夜が耽(ふけ)てから…」

 

…といった先入観をいったん捨て去り、

 

「真っ昼間から〜」

 

…にチャレンジしてみてはいかがでしょう?