Vol.369 ハプバーでもモテる「隙(スキ)」のつくり方 – ハプバー(ハプニングバー)  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.369 ハプバーでもモテる「隙(スキ)」のつくり方

とある女性向けの恋愛系WEBメディアが、

 

『モテる女性の

「ほどよい隙(すき)」とは?

特徴を4つピックアップ』

 

…なるタイトルの記事を配信しておりました。

 

正直、あんまし期待せずにクリックしてみたんですけど(笑)、いざ読んでみたら意外と(?)タメになりそうな内容だったので(失礼!)、さっそく以下にその「4つの特徴」ってヤツを

紹介してみましょう。

 

(1)すばり「ギャップ」

(※たとえば、バリバリ仕事をこなすヒトのバッグに、ゆるキャラのキーホルダーがついている…とか?)

 

(2)弱みを隠さないこと

(※たとえば、ハキハキ調のキャラなのに、メニュー選びで優柔不断な一面を見せる…とか?)

 

(3)スケジュールの余裕がある

(※「いつ暇?」と聞かれて1ヶ月以上も先のスケジュールを提示されたら、相手の恋愛モードも冷めてしまう?)

 

(4)会話のテンポをゆっくりめに

(※ハイペースで話し続けると、相手は会話に入り込めなくなってしまう。たとえば、居酒屋でパパッと注文するよりも、「◯◯さんは、どれ頼みますか?」とワンテンポ置いて話す…とか?)

 

そして、同記事の筆者は

 

(結局のところ)「隙(すき)」とは「守ってあげたい」「頼られたい」という気持ちをくすぐることなのかもしれません。

 

…と、総論します。

 

たしかにそのとおり…なのかもしれません。しかも、これらはなにも「女性→男性」だけではなく、

 

「男性→女性」のアピール術

 

…としても立派に通用する定則だと、Gジィさんは考えます。女性の

 

「守ってあげたい!」

「頼られたい!」

 

…といった一種の母性本能のようなものを巧みに掻き立てる男は、下手に取りつくしまもないハイスペック男子なんかよりも、確実にモテるからです。

 

あと、前出の「4つの特徴」はどれも、わりと簡単に……その気になったら明日からでも実践できそうなのもいい。

 

「いや、実際忙しいんだから

(3)はさすがに無理でしょ!」

 

…みたく反論なさるアナタも、もう一度自分のスケジュールをじっくりと洗い直してみてください。

 

「意中の相手とデートができる時間」

より大切なスケジュール

 

…なんて、はたして本当にこの世に存在するのでしょうか? 

 

ぼくならば、意中の相手に誘われたら、最悪先に入っていた仕事や飲みの約束をブッチしてでも、強引に時間をつくり、

 

「この日はヒマですよ〜」

 

……と、必死のパッチで呑気を装います。

 

そして、もちろんのこと

 

「隙のあるヒトがモテる」

 

…のは、ここ“ハプバー”においても決して例外ではありません。

 

よりもっと「隙(すき)」を効果的に演出したければ、まず

 

「相手が得意で自分が不得意な分野」

 

…をめざとく探し、それを発見したら徹底して「相手に頼りまくってみること」をオススメします。

 

たとえば、通常のデートだったら…Gジィさんだとスマホ操作──「LINEアドレスの交換の仕方」だとか「エアドロップの仕方」だとか「壁紙の変え方」だとか「盛り写真の撮り方」だとか…? 

 

スマホでの情報交換がNGである場合が多い“ハプバー”だったら…いっそ初心者を装い、

 

「もっともベストな

タイミングでの

コンドーム装着法」

 

…だとか、

 

「突起している部分以外の

女性の隠れ性感帯」

 

…だとかを尋ねてみたり…? 

 

ただ、質問責めをあまりしつこく引っ張りすぎると、

逆にウザがられる可能性もなくはないので、そこらへんの

さじ加減には、万全の注意を払ってくださいね(笑)。