Vol.375 ハプバーでの話題について(中高年編) – ハプバー(ハプニングバー)  agreeable アグリーアブル

来店
予告
ColumnGジィさんの独り言
 

Vol.375 ハプバーでの話題について(中高年編)

いくつになっても恋愛がしたい…そう思っている中高年の人は少なくないだろう。

 

では、中高年の初デートにおいて、もっとも好ましい話題と、逆にもっとも好ましくない話題とは、いったい何なのだろうか?

 

そんな冒頭文ではじまる記事を、とある月刊誌系WEBメディアが配信しておりました。日本最大級の某結婚相談所が運営する中高年向けパートナー紹介サービスが、45〜64歳の中高年男女約500人を対象に行った

 

「中高年の初デートの話題」

 

…に関する意識調査の結果をもとに、アレコレと分析する…という内容であります。

 

ハイ! Gジィさんも(スキあらば)

 

「いくつになっても

恋愛がしたい!」

 

…と切に切に…願っておる中高年男子の一人であります。

ってなわけで、さっそく、その「調査結果」の一部を以下に紹介してみましょう。

 

【中高年の初デートの話題で好ましく感じる話題:男性】

1位:趣味は何か?

2位:好きな食べ物は何か?

3位:休日は何をしているか?

4位:貯金や年収について

5位:どんな仕事をしているか

 

【中高年の初デートの話題で好ましく感じる話題:女性】

1位:趣味は何か

2位:どんな仕事をしているか

3位:好きな食べ物は何か?

4位:休日は何をしているか

5位:貯金や年収について

 

【中高年の初デートの話題で好ましくないと感じる話題:男性】

1位:貯金や年収について

2位:今住んでいる場所はどこか

3位:どのような結婚観を持っているか

 

【中高年の初デートの話題で好ましくないと感じる話題:女性】

1位:貯金や年収について

2位:親兄弟など親族の事

3位:どのような結婚観を持っているか

 

なるほど…。では、この「意識調査」が仮に「20〜30代の男女対象」だとしたら、結果はどう変わっていたのか? 

 

ぼくは「初デート」でもここ“ハプバー”でも、相手の出方次第で会話をインプロビゼーション的に転がしていく人間──つまり、あまり前もって話題を用意していくタイプではないため、断言はできないのですが、おそらくそんなには変わらないのでは…? ただ、あえての違いを推測するなら、

 

1位:どんな仕事をしているか

2位:趣味は何か

3位:休日は何をしているか

 

…と、もっと仕事の話が上位に来る…ような気がします。

 

もしかすると、若い世代は「仕事」から相手を見極めていくのに対し、中高年世代は「趣味」「好きな食べ物」「休日」…などから、もっと婉曲的に相手のひととなりをイメージしていくのではないでしょうか。

 

また、ぼくも決して例外ではなく、中高年は異性に恋愛感情

もって接する際、

 

「この出会いが

人生最後のチャンス!」

 

…といった、尋常ならぬ切迫感を抱きがちだったりもします。切実すぎるがゆえ、つい慎重さが増してしまい、本音ではもっとも知りたい情報であるはずの

 

貯金や年収」

「親兄弟など親族の事」

「結婚観」

 

…などを初回から質問することが、なかなかできないのだ…と思うのです。

 

ぼくはアラカンになってもなお、わりと節操なく娘くらいの年齢の女子ばっかとデートしており、昨年末も22歳のギャルと

お好み焼きを一緒に食べに行ってきました。

 

しかし、こうした機会もあと2〜3年も経てば、

ぐんと減ってしまうに違いありません。そして、そんな状況を迎えたときに、中高年同士の恋愛マニュアルってヤツが…ありそうで、じつは世にほとんど出回っていません。

 

ただ、当たり前の話、「恋愛をする」資格…さらには

“ハプバー”に通う権利っていうのは、

老若男女の誰もが有しているわけで、年齢は関係ありません。

 

だからこそ、Gジィさんは年輩客の皆さまに、こう言いたい!

 

「“ハプバー”で

よりディープに楽しみたいなら

ウジウジと非建設的かつ

臆病な質問ばっか

してるんじゃなく、

もっとアグレッシブに

エッチな質問もしてみましょうよ!」

 

…と。マツさん…ダメですか(笑)?